人は結局、何度でも繰り返すだけかも知れないという話

 

この週末、父の四十九日法要で、納骨となりました。

本当に月日の流れは早いものだ。気がつけば12月。

 

一緒に暮らしていないから、父がいなくなった実感、「いつもいた人がいない」はさほどないけど、やっぱ「骨壷」みたいなもんに入って収められると、死んだんだなーって思うものだね。

 

それにしても。

今回、納骨することさえわたしは知らされていなかった。

「そのお寺」でいいのか、とか、お墓って本当に必要なのかとか、墓じまいも含めて

ちゃんと整理してからにしようよと話していて、別に納骨は四十九日にしなくてもいいわけだし、

ということで母と話し合っていたから、納骨しないのかと思っていた。

その結論になったことを教えてもらうことなく、当日そーゆーことになっていて、驚いた。

まことになんだかなー極まりない感じだけど、もう怒る気にもなれず。

うちの母とはそういう人。

そういう人なんだと思う以外に、わたしになす術ない。

 

死を目前に、父は母に

ものごとは、「こうすることにした、と決めたことはきちんと伝達しなければ周囲が困る」という話を、時間をかけて辛抱強くしたわけだが、

まー、本当に死にそうな人間が、かなりのエネルギーを使って話したと思うけれども

母はムッとするだけだった。

まあ、彼女はそういう人。

父の死と同時に、わたしの中から、母に対するものすごい怒りが噴出したタームがあったけれど、

今はそれもどっか行った。

 

 

彼女のことに限らず、このところしみじみ思うのが、

結局、人は死ぬまで繰り返す生き物なのかなってこと。

 

何かセンセーショナルな体験をして、ハッとなることがあったとしても、

それで根本的に「その後を変える」ことができる人なんて、ごくごくわずかなのかも知れない。

その時だけは心が入れ替わったような気になっても、すぐ元に戻ってしまう慣性の法則的な。

人が自分で作り上げた根幹なんて、そうそう滅多に変わるもんじゃない。

それで、飽きもせず同じことを繰り返す。

 

んなこと言ってるわたしだって、

今回の父の死に際の日々を見るに、これからはどんなことでも、してもらったら「どうもありがとう」を

心から言おう

って決めたけど、実際はできてねーだろというセルフツッコミ。

 

同じことを繰り返すのが人間というものかも知れなくて、

しかも、それが生きてるってことなのかも知れない。

 

そして、

同じことが繰り返されることにうんざりしても、相手に変わることを期待したってダメ。

かといって、相手を「どうせ変わらないんだから」と決めつけるのもダメ。

あらゆること、今際の際になってしか、わからないものかも知れないしね。

 

 

ただ、自分だけはいくらでも変われる。

自分自身のハッピーのために変わる必要があると身にしみて思えば、ってことだろうな。

そうじゃなけりゃ、繰り返しているという事実が問題だと思わず、ただ受け入れる以外にはないってことだ。

悩みムヨオ!

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またねー