「繰り返す」と言えばさざ波

 

人は繰り返すもの

とゆー話ですが、「繰り返す」と言ったら出てくるのがこれ。

 

 

日本歌謡史に残る名曲だと思う。

リズム、アレンジ、歌唱。めちゃくちゃ洒落ている。

これを「着物で」歌うっていうところがシュールで、それが日本w

 

ちなみにこれ、歌ってみ?

絶対歌えないから、こんな風に。絶対に。

 

 

島倉千代子さま。

この方は、不幸極まる人生と、晩年の「人生いろいろ」だけが取り沙汰されるけど、

歌い手としてもっと正当な評価が与えられるべきだと思う。

このビブラート、外しそうで外さないピッチ。

揺るぎないテクニックを持つ独自の存在であることは間違いない。

 

 

「ジャンル」と「世代」でぶつ切りにされる音楽の聴かれ方って、日本は貧困だと思う。

音楽が「プロダクト」で「消費されるもの」だからそーゆーことになっちゃってるんだと思うけど、

アメリカでもフランスでも、ブラジルでも、

若いヤツでも「昔の曲」「昔の歌手」にはそれなりに敬意が払われているもんね。

だから「トニー・ベネット&レディ・ガガのデュエット」なんかが成り立つ。

現役当時を知らなくても、功績に対して正当な評価が与えられていて、曲は知られていて若いヤツでも口ずさめる、みたいなのは素直に豊かだと思うし羨ましい。

「芸」と「人物」と「スキャンダル」「プライベート」が一緒くたになっているのが日本。

所属事務所の力でシーンを動かそうとするのが日本。

結果、人々が聴く耳を持たず、そんな市場に低レベルなものがリリースされ続ける。。。。

ツマンネー。

 

 

てなわけで、

わたしはマニアックながら好きなもんを紹介していこっと。

繰り返してやる!

 

 

じゃ、またねー!