明日への希望、生きる望み

 

ルルドで食べた「ピレネー(フランス)の郷土料理が忘れられなくて、もう一度食いてー!今すぐ食いてー!状態。

確かgarbureというもんだが(スペル怪しいぜ)

 

これだよ、これ。

 

おそらく自分でも作れると思うが、この秋はバタついてたので近所の天才的な料理人に「これ作ってよ」とお願いした。

 

この料理人というのが、ある意味すげー人物で

本人食べたことない料理を、わたしの喋りだけを頼りに再現させた

というすんごい実績がある。

何かってーと、「ムルギー(渋谷)のカレー」。

 

わたしも、料理は嫌いじゃないんだよ。

一度食べたものを家で作ってみるってゆーのは大好きで、「極楽カリー」はカンを頼りに満足いくものを作れたが

ムルギーだけはどうしても製法がわからねー!!!レシピなんかどこにも出てないし。

ネット見ると、いろんな奴が勝手にチャレンジしてるけど、まあ、どれもちょっと、まあねえ、、、という感じ。

 

という話をしていて、「色はこんな、味はこんな」と詳細をくっちゃべっていたら

ある日彼女が、「できた!」と言ったものは

まるでムルギーだった。

はっきり言ってわたしはそうそう簡単に「OK!」とかない「味覚の人」でもあるからめちゃくちゃ厳しい。

味覚に関して結構やかましいめんどくさい女。

で、一口食べてそれはムルギーだった。

 

あたしは感動に震えた。

あまりに感動して、涙が出た。

 

食ったことないもんを、忠実に再現した

というこの才能。

才能の裏に必要なのは、「情熱」だから、

「あーこの人の、料理を作るということに対する情熱の、耐えることない炎よ」

と思ったら自然に涙がこぼれた。

 

 

そんで!

このgarbureだが、

こないだ一回作ってもらい、その後わたしも家で作り

課題が見つかったので、それを共有し、ブラッシュアップ案を出しておいたが

今連絡があって

「いい鴨を発注したから明日の夜にはできるよ」

とのこと。

 

俺は、未だかつてない経験したことがないレベルで

明日という日が楽しみだ!感

を得ている。

 

生きる希望って結構、そんなことなんじゃないのかな、って思う。

 

 

 

深いような浅いような話。

 

いや、すげー深いと思うけどw

 

読んでくれてありがとう!

 

またね!