NOの言い方

 

まーだいたい日本人って断るのが下手だと思うの。「下手な人が多い」が正確か。

 

そんで断れない自分=イイ人

 

みたく脳内を差し替えて、

「わたしって人がいいから断れないのよね、それでいつもワリ食っちゃうの、、、」などとのたまう。

 

で、タチの悪いタイプだと、

「こっちは我慢して付き合ったのに」的に、「悪いのは相手だ」とゆーふーに脳内展開させてく。

 

いやいやいや、

そりゃあんた、単にNOを言う技術がないだけでしょ。

 

NOの言い方を教えて

(さよならを教えて)

 

これまでさんざん、いろんなとこで「NOを言える人になりましょう」的な話って、あちこちで見た気がするし、

こんなブームもあったじゃないの。

 

 

そんでキラキラ系スピも

「やっとNOと言える自分になりました」みたいな告白投稿?けっこうゴロゴロしてたと思うの。

 

 

だけどさーーーー

 

この勝間和代さまの表紙が悪いと思うわ。

そんなに力んでNOって言う必要はどこにもないの。

おいおい、何をそんなにいきり立ってるの?って話よ。

 

 

NOって、言えばいいってもんじゃないんだよね。

NOを言うことに慣れてないと、「自然なNO」が言えないんだよ、やっぱ。

ましてや「NOを言わなくていい状況に持っていく」ためにグダグダ話を長引かすことでもないわよ。

 

 

「普通の大人」としての普通の断り方ができないなら、

それ、「言えるようになった」とは言えないんじゃないの?

 

 

てなことを思わされる出来事が、こないだあったから書いとくわ。

何様かと思ったわ。

 

 

 

「不自然さ」って、ものすごく雄弁なのよ。

 

わたしは不自然さを感じる人からは遠のくことにしてる。

結局、めんどくさいことになるもん。

 

 

 

じゃ、またね〜!