いちばん大切なものはすべて自分の中にある

わたしたちの人生そのものが修道

なぜならわたしたちはすべて、あらかじめ決まった道を歩いているに過ぎないから。

一歩一歩、その道を歩んで、時に立ち止まったり、路地に入って迷ったり、戻ったりするというルートを、地図を持たずに歩いている。

その人生の終わりは、道を修めたということ。

どの道を通っても、最後は正解だったとわかる仕組み。近道もなければ、誤った道もない。

人それぞれ読むことのできない地図を、実は持っていて、あなたと、あなた以外のすべての人、同じ地図は二つとない。

 

聖地とは、わたしたちの身体そのもの。

なぜならエネルギーはすべての人の体内に宿り、その人を通して具現化されるもの。

このエネルギーは無尽蔵で絶え間なく、惜しみなく流れている。

いかにキャッチして、いかに放出するか。この循環。

 

巡礼とは、わたしたちの人生の道行き。

なぜならどのルートも、どのポイントも尊いもの。あなた以外の人の道を歩こうとしないこと。

 

革命とは、自分の中に起きること。

なぜなら自分の中だけに気づきが起きたら、それまでの思い込みや、あらゆる記憶の固執はなくなっていく。

固定観念からの解放。経験からの解放。自分で自分を解放する。

縛られた自分を、縛っていたのは自分だと気づくこと。

 

すべてのことは、わたしたち自身の中にあって、外に求めても見つからない。

すべて、自分が生み出している。

すべてすべてすべて。

いちばん大切なことは、あらかじめ、あなたの中にセットされている。

 

鍵を開けるのはあなた。