ピンクの効能

このところ、またピンクの石を扱う機会が増えています。

我が修道院にとって、ピンクはとても意味のあるカラー。

ロゴも包み紙も、ピンクにしています。

 

 

そういえば、修道院の2作品目として披露したのがこちらのアイテム。

坂ノ下修道院 大人気アイテム ピンクのネックレスとピアスのセット

これが思いもよらぬ人気となって、ワタクシ、俄然やる気が出ました。

これを「かわいい!」と言ってくれる人がいたおかげで、自分をアゲることができた。

ありがたいありがたい。

 

 

 

ところで、女性にとってピンクや赤は、絶対に必要な色なんだよー。

というのは、機能的に。

女性は、「温めたほうがいい」のです。

わかるかな?

子宮は冷やしたらいけない。

冷えは万病の元だけど、女性にとっては特によろしくないわけです。

反対に、男性は機能として、冷やしたほうがいい。

男性器は、だから外に出てるわけです。空冷させてるわけねw

「陰と陽」で見ても、男性は「陽」だから冷やすことでバランスされ、女性は「陰」だから温めることでバランスされる。

面白いよね。

 

 

で、ピンクは赤よりもエネルギーが優しい。

 

わたしがピンクを身につけるようになったのは、30過ぎてからで、

それまではピンクの服なんか好んで選ばなかった。たぶん一枚も持ってなかった。

ピンクと赤だったら間違いなく赤を買ったし、実際似合ってたと思うけど、

ある時、もしかしたら赤が自分の強い性格を助長してるんじゃないか?と思って、

赤を選ぶ代わりに意識的にピンクにしてみよう、と閃いた。

 

自分にピンクがなじむようになった頃、強い性格が変わったとは思えないけれど、

ある種のことはとてもスムースに流れるようになったと実感はある。

 

しかしやっぱり、強い気持ちが欲しい時には、赤は非常に有能な色だと思うから、そこは意識して使い分けたらいいかもね。

 

 

色に関して、数こなせば自分に合うようになってくるものもある。

(だけど絶対に似合わない色ってのもあるけどね)

 

 

要するに、名前と同じで、

その色を着ている自分=人からその色で見られている自分

つまり主体と客体の一致なのかな。

 

名前をオフィシャルに変える時って、

(例えばそれまで「かおり」と名乗っていた人が「ゆかり」に変えるみたいな時)

みんなが、あの人はゆかりさんだ、って認識してくれたら、その人はゆかりになる、みたいな話。

似てるかも。

 

 

子供の頃は、親がなんやかやうるさくて、「いわゆる女の子らしい色」みたいな服は買ってくれなかった。

何かとクール系の色ばっかり、紺、グレー、こげ茶、みたいなのが「おしゃれ」だからって、そんな服ばっかり。

赤はよくて、でもピンクは論外だった。

「垢抜けない」という理由で。

 

 

まあ、二十歳過ぎればそんな呪縛はなくなったわけだけれども、水面下の意識に染み付いていたものがあって、

ピンクに手を出すことはなかったから、30過ぎてピンクを選ぶようになった時は、果たしてどうなの?と疑心暗鬼だったけれども、

今では好きな色のひとつだし、むしろ周囲から見た自分はピンクと非常に結びつけられている。

 

 

ピンクで野暮ったく見えないコツは、くすんだピンク、薄すぎるピンクは避けること。

思い切って強いピンク、きれいなピンクを選ぶことがコツだと思います。

修道院のアイテムは、そこはかなり考慮して作っています。

そしてクールに見せたいなら、やっぱり、濃い目のグレーとかチャコールグレーとの相性は抜群です。

 

なんでも組み合わせ次第!

 

躊躇しているとしたら、是非トライしてみてね〜!