(続)振動数の違う人と交流する意味

振動数の違う人と交流する意味 の続きの話だよ。

 

そういったわけで、どこまでも平行線の会話にモヤモヤしたわたし。

だけどその日のうちに起きた素晴らしい体験が、わたしに気づきを与えてくれた。

 

 

そう、その不毛な会話で消耗し、厄介な場、その場で突然、四谷に寄って行こうと思いついた。

 

 

理由はわからないけれども、四谷駅前(丸ノ内線の改札側)の橋の上。

あそこって、なんだかものすごく良い気が満ちている、とつねづね感じていて、

つまりわたしの振動数に合致しているということなんだろうけど、

そこに行って良い気を浴びよう、リフレッシュしよう。

ついでにドン・ボスコ(カトリックの聖具を扱うところ)にも寄って、

足りなくなったメダイを仕入れて帰ろう、と閃いた。

 

 

ドン・ボスコに行くと、売り場の奥でシスターとオバサマが話していた。

その会話はわたしにも聞こえる大きさで、オバサマは教会に属している方。

あれやこれやのよもやま話。

どうやら、教会仲間のナントカさんとかナントカさんとか、ナントカさんなどの話題。

 

そのうち、話が別なナントカさん(以降、N氏)に移った。

 

 

N氏はどうやらご病気らしい。

そして、入院だか手術だかが必要な状況らしく、オバサマは気を揉んでいる。

しかしN氏は一向にそれを拒否しているらしい。

オバ「Nさんは頑として聞かないんですよ。俺は絶対に祝福されているのだから、大丈夫なんだ、と言い張るの。

みんなで説得しているけど全然聞かなくて、俺は祝福されているんだから、と、そればっかり」

 

 

え!と思った。

この考え!N氏の!

 

これまさに、わたしが日頃考えていること。

病気を病気だとしない考え方。

まさに、ほんの1時間前にわたしが感じていた心境にリンクするエピソード!

 

 

わかる。仮に、死ぬことになっても、N氏はそれで本望なんだよ。

委ねて、腹をくくっているんだよ。

 

 

神が、N氏まだ生きなさい、となったら生きられるし、

N氏、ここまでよくやった、ご苦労さん、もう休みなさい、となったら天に帰る。

N氏はただ、そんな風に考えているのだろう。

 

それはある意味、とても積極的な生き方で、

病気だから病院にかないと死んじゃうわよ、という周囲からの集合意識をはねのけている。

 

そして、わたしはN氏の真意がわかるが、オバサマにはわからない。

「心配」をしていて、「困った人なんです」と言っている。

 

 

シスターはなんと言うのだろう?

俄然、興味津々。

わたしは近くまで寄って、シスターの声を聞くことにした。

 

そこからがものすごい展開だった。

 

シスター「それはものすごい信仰のあり方ですね。Nさんはとても強い信仰を表しています」

オバ「でも、祝福されているって言い張って、、、」

シスター「そんな強い信仰をお持ちになっているということは、神のところに必ず届いていますね。

そしてそれは、Nさんと神にしかわからない関係です。

周りは気を揉むかもしれませんが、そこはNさんと神だけが知っていることですね。

そんなに強い信仰を持てるNさんはなんと強い方でしょう。

わたしだってもし、殉死ということが目の前に突きつけられたら、逃げ出すかもしれません。

そこまでの覚悟があるのかな、と常に考えていますよ。

遠藤周作の小説のように、仲間を密告するかもしれません」

 

 

やばい。

さすがシスター。本物だ。

わたし泣きそうになった。

 

 

さらに、それを受けたオバサマの返答もすごかった。

 

「そうですね。

人にああしたら、こうしたらと言った1日の終わりに

ああ、それはわたしのエゴだったかなと思うことがあります。

そこで、日頃考えていない自分の姿を見ることになるんですよね。

自分にはそんなところがあったのだと」

 

 

これだ!

「自分の姿を見る」

 

 

結局、そうやって自分を知り、それを認め受け入れていく。

厄介なことであればあるほど自分の姿を見ることになる。

 

 

その日、わたしは平行線の会話に振動数を乱し、余裕を持った対応ができなかった。

 

 

だけど、

相手が自分の振動数を乱している、と考えるより

そんなことぐらいで乱されてしまう自分はどうしてだろう?

と考えた方がよっぽど生産的だと思う。

 

相手ではなく、

ただ対応できなかった自分

を見る以外にないんだよね。

 

 

「自分は間違ってないのに」みたいなことに固執する意味はない。

だって間違いも正しいもないんだから。

あったのはただ事象だけ。

 

そしてものすごい大きな気づきを得られたなら、起きた事象は本当にどうでもよくなる。

 

 

いやーーーーー、それにしても、

用意されてたかのようなこの会話。

本物のシスターとオバサマに感謝です。

めっちゃいい話を聞いた。

 

 

「四谷」の直観に従って本当に良かったよー!