カロリー過多だと良いことないよ

いきなりアレなんですけど

最近、Facebookもつまんないな〜と思うようになっている。

愉快な話が少ない。

 

 

わたしはもう、世の中の

「不愉快な話」「凶悪な事件」「忌まわしい政府」「どっかの記事の批判」「誰それはどうしょもない」

「問題だ」「理不尽だ」「不安だ」「最悪だ」

みたいなことは

ほんとどうでもいい。

ほんっと、どーーーーーーーでもよくなってしまった

のです。

 

だって世の中どうしょもないことぐらいわかりきってるんだから、これ以上どうしようっていうの?

不満と不安を煽るような話って、もうお腹いっぱいだよ。

 

 

だから新聞も見ないし、テレビも見ないし、 FBに流れてくる日本の新聞系のフィードも、ほとんど無視。

 

たまにテレビつけりゃ、こーゆーことになるし

しんどい時にかける言葉

見るのは、「ちゃんと作られた」ドキュメンタリーだけでいいって思ってます。

 

 

本当に必要な情報って、意外と少ない。

天気と気温はiPhoneアプリ見ればわかるし、

株でも買ってるなら「株価」だけ見たらいいし

やってないならそれもどうでもいい。

海外行くなら円相場が気になるけど、普段はどうでもいい。

だいたいさ、そういう時だってもう「アプリ」で済むでしょ。

 

 

「世界の動向」に関しては、結構いろんな国の新聞とニュースに「いいね」して、

情報が流れてくるようにしてますが、

ささっと見てればだいたい何が起きてるか、わかる。

だいたい、非日本のニュースの方が、何が要点かがちゃっちゃとわかるように書かれてる。

話が早いのと、事実(起きたこと)だけが書かれているので読んでてそんなにやな気分にならない。

 

 

その程度で困るかといったら、一切、な〜〜〜〜んにも、困りません。

これほんと。

 

 

それどころか、

自分に関係ないところで起きている一切のネガティブな情報に触れないだけで

上機嫌度は上がってくる。

 

それより

「不愉快じゃないこと」「凶悪じゃないこと」「忌まわくないこと」「どっかの記事への賛同」「誰それは素敵」

「問題じゃないこと」「理不尽じゃないこと」「不安じゃないこと」「最悪じゃないこと」

つまり

自分の本当に好きなこと、好きな状態、好きな世界、好きな人、好きな話

のことを考えてる方がよっぽどいい。

で、その中ですぐ着手できることがあれば、人の承認を求めずとっととやった方がいい。

 

 

 

あのね、情報って、取ればいいってもんじゃなくて

自分に必要な情報だけ取ればいい。

まさにカロリーと一緒!

 

 

世の中、なんでみんな、そんな苦虫噛み潰したような顔して歩いてるの?

特に東京。

あなたは今、道を歩いている、という事実しかないのに、なんでそんなに不機嫌なの?

これ、街の美観に関わる問題なんですけど。

 

 

みんな情報太り。ネガティブ情報摂取しすぎて余計な脂肪になって、動きたくても動けない。

その脂肪はさらに、直観が働くのを妨げてる。

ほんとは気分が良くなりたい。

だけど「気分本体」がよくなろうとしているのに、体内に溜まった情報がその動きを抑え込んでる。

だったら!

断食すれば痩せるし冴えるし、健康にもなります。

別に、そんなどーでもいい情報なくても死なないし。

 

 

「嫌なニュース」見て楽しいか?機嫌良くなるか?心がほんわかするか?

一切、楽しくない。一切、良くならない。一切、ほんわかしない。

 

だったらもう、自分には関係ないのです。遠ざけるがよし。

 

 

ところがね、

「不満」系の話題って、妙に求心力があるんだよね。

 

Facebookも、黙って観察していると

不満系の投稿に人が群がっている様子がよくわかる。

 

 

リアルでも、

「●●はイイ」って話より「●●はやだ」

って話題で、人は盛り上がる。

言いたくないけど、特に女はその傾向強し、じゃない?

でもそれでさえ、どうでもいいような話題だし、

それなら別に、話さなくてもいいんだよね。

 

 

まー、ときどき愚痴を吐き出すっていうのは大事なことだし、

愚痴のひとつも言えなくなったら、聞いてもらえなくなったら、それこそ嫌な世の中なんだけど、

自分と誰かの関係性をすーごく冷静に、シレっと見た時に

「その人とは「●●はやだね」ってことぐらいしか話すことない」

ってなったら、その関係はもしかしたらもう不要なんじゃないかな

って思います。

 

 

これに気づくと、けっこういろんなことがスッキリしてくるよ。

 

 

自分の振動数が上がれば、もう、低い振動数には合わせられなくなる。

だけど、一時的に上がっても、低い振動数との接触を日常としていると

やっぱり低い方に引っ張られる。

そこを突き抜けて、低い振動数を高い方に引っ張り上げるととができたら、

その人はものすごいエネルギーを持っていることになるけれど

それには「安定した高い振動数」が必要になってくるわけです。

それこそルルドとかはそういう場所。

 

 

自分の振動数をいい状態に安定させたかったら、

思い切ってこの低い方から離れたほうがいい。

 

 

それで一時的に不安になったり、ちょっと孤独を味わうことになるかもしれないけど

絶対大丈夫。

それは意識のステップだから、本当の疎外ではないよ。

ちゃんと、進化した自分の振動数に合う人たちが現れます。

それこそSNSをはじめとしたネットワーク時代の恩恵もある。

そういう風にできているし、それは今後ますます加速していくよ。

 

 

人間は「意識」だから、どんどん変化していくし、

同じ場所にとどまることは、本来的にできないのです。

だから「道」を進むわけよね。つまり「修道」ということね。

 

 

ぜひ知っておいて欲しいんだけど、

今、低い振動数だと思われる人と離れても、一生離れているかどうかはわからない。

 

その人だって、その人のペースで進化していくわけだから、

いつまでも同じ場所にいるわけではないんだよね。

だから、その人の振動数も変化して、

もしかしたら、いつかあなたと同じレベルの振動数になるかもしれない。

そしたらまた、いろんなことを分かち合えるかもしれない。

しかしそれは自分の都合で相手に期待したりしてはダメで、その人はその人。

相手を尊重するって、そういうことなんだと思います。

人はそれぞれが自由だし、それぞれ行くべき「道」があるからね。

いつかまた分かち合える間柄かどうか、それこそが「ご縁」というものなのかもしれません。

 

 

あー、これ一種の「引き寄せ」の話っぽくなったね〜!期せずして。

 

 

読んでくれてありがとう!