MR2:「無条件の愛」=宇宙のど真ん中=自分自身

マイレボリューションシリーズ、今日は第2回。

 

このまえ約束した「無条件」の話ね。

 

 

聖書に限らずスピリチュアル的なことに足を突っ込むと、必ず出てくるのが「無条件の愛」というワード。

これの本当に意味するところを知ると「なんだ、そっか!」ってなるんだけどーーー

だけど、これがなかなか厄介で、ほとんどの人にきちんと理解されていない。

理解を拒む人もいる。

 

逆にね、そう簡単に誰もが理解できるぐらいならねえ

世の中、苦しんでる人はいないよって話でもあるから、

それだけ「条件化(=固定観念)」の呪縛はキツいってことだよね。。。

もちろんわたしにだって、簡単ではない。

理解したことと実行できることの乖離がしょっちゅうあるもんね。

それはどんな人だって必ずそうだと思う。

(ジーザスですら、死刑になると知ったとき一瞬は苦しんだ)

 

 

だけど、「無条件」を知っておくとどうして便利かっていうと、

「あれ、これ、トラップに引っかかってない?」

って、自分でセルフチェックができるようになるから画期的なんだよ。

(それゆえYES /NOがいちいち許認可制であるような教祖もいらないのだ)

究極のチェックシステムだよ!

 

*  *  *

 

ま、とにかく我々は、あらゆるものを条件づけして物事を見たり捉えたりしている。

(なぜなら人生はそういうゲームだから)

 

しかし、そーゆーものを全部全部ぜ〜〜〜んぶ手放した後にくる

本物の自己肯定

=本物の他者肯定

 

からの、自分が生きてる意味って何?

の究極の腹オチ&腹ククリ

=マイレボリューション(イエーーーイ)

 

てことだ!

 

結論から先に言うと(セッカチーヌだから)

どうやら、生きてるたいそうな意味なんか特にないっぽいんだよ

 

*  *  *

しかしね、これもわたしにとっては、究極の答え合わせみたいなもので

そんなこと子供の頃にわかってた。

人生なんか本当はただの暇つぶしだってことが。

 

だってさー、人みんな死ぬじゃん。

で、「いつ」死ぬかわかんないじゃん。

あらかじめ決められてる期限がわかってるなら、そこでどんな「世の中のためになること」に取り組もうか決められるけど、わからないんだから各自好きなことをやって「時間」をつぶせばいいってだけじゃないのかなー。

好きなことやって、それが「当たり!」だったら世の中のためになるかもだけど、ほとんどのくじと同じように「ハズレ」が多いのでは?

それにもし「いい人」「立派な人」とかがエライのだとして、神様が本当に世の中を良くしたいなら、そーゆー人たちだけ生き残らせていけば、世界めっちゃ良くなるはずじゃん。

だけど、結局いい人や立派な人でも死ぬ、しょーもない悪人でも長生きしたりってことは、、、、

神様は案外無能か、あるいはそーゆーことには関心がないか、のどっちかだろう。

 

・・・などとランドセルを背負った通学路で考えていた。

 

しかし、通学路が変わり、通勤路が発生するに従って、

 

「だけど、本当にそうなのかなあ」とか(自分に降りてきていることへの疑い)

「暇つぶしだと割り切っちゃっていいのだろうか?」(必死こいてる人たちは、どうして?)

などなど、いわゆる「世の中」に対する、ちょっとした遠慮?

そして世の中の大多数に合わせないといけない、的な義務感。あるはチャレンジ精神?

親からの圧迫も当然あり、、、

などなどが長いことわたしを「目覚め」から遠ざけていたわけね。

そして慣れない、似合わないコートをどんどん着込もうとしていた。

 

今となっては子供のわたし、スゲーって思うのと、

そんな子供のわたしを自分で信じてあげていなかったね、ってことで、謝りたい。

(今の時代はもっと多くの子供が、いろんなことをはるかに知ってると思うよ)

 

*  *  *

 

そう、それでね、人生に意味なんか、どうやらやっぱし、ないみたいなんだよ。

 

だけど、そこからがすごいところで、

特に大した意味なんかないんだよ

とわかった上で、

これが自分の生きる道!

とか

なんだかわかんないけど、これをやるんだ!

みたいな風に腹落ちすると、

(それはなんでもいいの。自分が望むこと、止むに止まれぬものであれば、人に価値がないと言われるようなことでも)

 

なんだか知らないけど、なぜかうまく回り出す。

何か手を貸してくれる人が現れるとか、望んでいたもの、必要だったものが与えられるとか

どっかから援軍が送られてくるというか。。。

で、どうにかなる、なっちゃったりするんだよ!

 

*  *  *

つまり、「誰になんと思われようと知ったこっちゃない」

「全てを失っても(あるいは失ったけど)別にいい」

「成功も失敗も、どうなるかわからないけど、これをやるしかない!」

みたいな心理状態、自暴自棄とは違う、この上ないすがすがしさ!みたいな時ってさ、

 

もうすでに

「失敗したらどうしよう」「悪く思われたらどうしよう」

なんて、考えないものじゃない?考える余地がないというか。

それって何も条件付けしていない時の心理だよね。

つまり、ゼロ。どこにも振れていない、ど真ん中。

*  *  *

 

ゼロ=宇宙のど真ん中=自分のど真ん中=無条件こそが「究極のチカラ」なんだよ。

で、「神=宇宙のすっげーエネルギー」は、そこめがけてやってくる。

というか、そもそもそこ(ゼロ)にすでにある。それが「愛」だと思うのよ。

無条件の愛=宇宙のど真ん中=自分自身=「究極のチカラ」

 

 

だから、人間同士の「愛されたいから、愛を送る」みたいなのは、ちょっと違うわけね。

愛されたい「から」という条件設定がある限り、見返りがないと傷つく。

傷つくなら、それは愛ではない。

愛と愛情は違うしね。

だから愛というのは、相手のイイところも、ヤなところも見て、知って、認めて、それを尊重するってことなんだよね。

イイところだけが「イイ」んじゃないんだよ。

 

 

これね、すっごく大事なことで

対象は「相手」がある場合に限ったことじゃないのね。

一番大事なのは

自分自身

なのね。

 

自分てさー、イイ(と思われる、思いたい)ところも、サイテーなところもあるじゃん。

頑張っても改善しようがないようなところだって、あるじゃん。

それに改善する気さえないところだって、あるよね。

だってもうしょうがないじゃん、こうなんだから!

「BORN THIS WAY」by ガガ 

自分のサイテーと思ってるところが、実は人から見ていちばんイイところだったりもするよね。

つまりさ、いいとか悪いって、ただの偏差値なだけだよね。相対評価だから。

 

自分にやなところがある、自分に欠けてるところがある

で、誰かとの関わりの中で、そういうものは見出されるわけよね。

(考えてみて!この世に自分一人しか存在してなかったら、自分がいいも悪いもないよw)

 

 

で、「やなところ、欠けてるところ」を「愛する」=無条件に見て、いいでも悪いでもなくゼロで受け入れる

ってことができると、

あ、そうなのね、自分はこうなのね。そりゃもう仕方ないよね。。。って思える。

その「仕方ない」に1ミリのリキミもヒガミもなくなった時、初めて人のことを愛せるようになるのね。

あ、そうなのね、あの人はそうなのね。仕方ないよね。。。

本当のリスペクトというか

人みな違う、ってことを根本的にわかるようになるんだよね。

 

で、それができないと

「誰かに何かを指摘された」みたいなことで「いつまでも」腹を立てたり、根に持ったり、

「自分は悪くない」という弁解を「いつまでも」探すようになってしまう。

 

「いつまでも」を強調したのは、時間をひっぱるってことが、

これまた自ら条件を付加していること(「今」を生きられない)だから。

やなことされたら瞬間的にムカッとくる、イラっとくる

これは単なる感情の発露だから、それも仕方ないことじゃん。

(これについては次回以降のテーマになるね)

 

 

あるいは自分は優しくしたのに、相手はひどい、

からの「あの人は悪い、いやな人」という話になってしまう。

だけどね、「優しくした」ってのは自分自身の「選択」でしょ。

相手にも優しくしてもらいたかったけど、叶わなかった、という「だけ」の事実でね、

相手にも相手の気分や事情というものがあって、それは自由だからね。。。。

「優しくしてもらいたかったから、優しくしたかったんだ」

という「自分のモチベーション」&「人それぞれの自由」を、無条件に見ることができれば

いつまでも引っ張ることはなくなっていく。

 

だから自分を愛するってことが、結局は人を愛し、世界を受け入れるってことなのよね。

そこに我慢とか、修行とかは、必要ないと思うよ。

自分を愛せない人が、人を愛せるわけがない

とよく言われているのは、そーゆーことなんだよね。。。。

ま、これ、ベースの話ね。

人の愛は本当にいろいろあるからさ。

 

 

簡単なようだけど、めちゃ難しいのね、「無条件の愛」て。

それゆえ永遠のテーマなんだと思う。。。。

だから、わからない、実践できないのが当たり前で、

実践できないから「だめ」とかそういうこととも違う。

*  *  *

 

だけど、それでまたややこしいのは

究極のチカラを求めて無条件をめざす

っていうのはまたちょっと違うんだよね。

 

ちょい理解が進むと、逆になんでも「無条件でなければならない!」といって

苦しいのに頑張っちゃったりしてる人。

それさ、本当に本末転倒というか、巨大な落とし穴だよね。

「無条件」という「条件化」だよ。

ミイラ取りがミイラね。

しかし本当に陥りやすいトラップのようなもんで、

わたしだってけっこう簡単に引っかかる。

 

*  *  *

 

 

この話は永遠のテーマだけに、

そう簡単には終わらないので、また今度ね!

 

 

読んでくれてありがとう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です