もしも「真珠のピアス」が「マトリョーシカのピアス」だったら、、、、

 

最近、Apple Musicでユーミン(松任谷由実)の全曲配信が始まって、

友達と「マイプレイリスト」を作って公開しようよ!

ってことで盛り上がった。

 

 

ユーミン。

わたしら世代だと、そりゃもう鉄板。

誰もが必ず最低でも6枚ぐらいアルバム持ってる。

(わたしは「天国のドア」あたりで離脱したけど)

 

 

「マイプレイリスト」は

ハッシュタグ

#ユーミンPL2018

でFBに公開したから好きな人は見てみてw

そしてあなたの10曲を教えて!

ルールは「あの当時」じゃなくて、あくまでも「いま」の気分で選ぶ10曲リスト。

 

 

あ、ここに画像載せりゃいいんだね。

わたしのリストはマニアック。

ところで「真珠のピアス」だけど、何が好きって、この曲の「イントロ」!

スタートしてから27秒間の至福!

松任谷正隆の世界が冴え渡っていた時代!

で、歌詞が始まると主人公の女がこわいw

 

 

でさ、思ったんだけど、

これ彼のベッドの下に一粒投げるのが「真珠のピアス」だからストーリーなのよねえ。

女の意地を感じる。

もし彼女がその時つけていたのが

これだったら、、、、、

どうだったんだろう?

やったかな?

っていうか、そんな歌にはならないわけでさ。

 

 

でもね、ベッドの下に投げるかどうかはともかく

高価なものを敢えて捨てることで、その背景にあった意味を消し去る

→ 踏ん切りをつける。

そーゆーことはあると思う。

モノと思い出。

 

でも、本当はしょーもないピアスだったのかもしれない。

でもそれを「真珠だった」ってことにした。

って話だったら、ますますその女、やだねw

 

 

しかしそれにしても、もしそうだとしても、

それでも恋愛って、いいものだよな。そういう感情のきらめきが。

 

 

たった1曲から、

ちょっとジワジワしてしましました。

 

 

ジワジワくるピアスはこちら!

【残り1点】味がありすぎるマトリョーシカのピアス(仕入れ品)

 

 

 

またね!