隠された歌詞で気づく、ユーミンやっぱりハンパないわーっていう話

 

疲れ切ってるから、もう一個ユーミンの話していい?

 

「いま」の気分で10曲選んだプレイリスト。

同世代なら説明は無用かもしれないけど。

で、この1曲目ね!

「78」

 

わたし、ビビった!やばいこの曲!

今、ビビった!

 

この歌詞が大好きで、

いや、意味ぐらい昔からわかってたよ?

78ってのは、78枚カードでしょ(タロットの)

 

歌詞も貼っとくわ!

 

 

でもビビったのは今まで何気なく聴いてたコーラスのところ

 

ちょっと貼り付けるわ。(ロシアのyoutubeみたいなヤツw)

聴いて!

松任谷由実, (Yumi Matsutôya) – 78 от Sonate64 на Rutube.

 

 

1コーラス終わった時に昭和っぽいコーラスが入ってるんだけど、

「未来を示す〜〜〜〜」にかぶせて

It’s a game  just a play

って言ってる

 

鳥肌たったわ。

 

これさー、これさー

 

わたしたちが生きているこの世じたいがゲームで、ただプレイしてるだけ

ってことで、

それ、早くも当時からユーミンわかってたってことでしょ?

これね、決してタロットを「ゲーム」で「プレイする」ってゆー意味じゃないよ。

 

ユーミンて神秘主義に傾倒してたのも有名だし

そもそも、「よくわかっちゃってる人」だと思ってたけど、

この曲作られたのが1979年。

 

40年ぐらい経って、今わたしはビビってる。

 

思ってた以上にこの人すごい!

と気づいて(改めて)

 

 

悩んだけどプレイリストに入れなかった曲「不思議な体験」(VOYGER)についても考えちゃった。

この曲も普通の人にはわけわかんない、おかしいでしょ。

歌詞これ

 

AメロBメロとサビのところの世界観(アレンジ)まったく違うでしょ。

そしてサビのメロディがあまりにも神聖すぎることに気づいた。

「あなた」って恋人とかって話じゃないでしょこれ

マリアさまのことでしょこれ

 

 

というわけで、40年後のわたしは非常にビビっておりますよ、という話。

 

 

またね!