みんな聖人である必要なんかどこにもない

今日、非常に不愉快なことがあった。

あまりの不愉快さに、足がすくんで吐き気がした。

 

考えてみれば人生で、吐き気がするほどの不愉快さって、何度か経験してきている。

みんな誰でもそうだと思う。

 

だけどそんな時、それが「よっぽどのこと」でなければ、どうにか「なんでもないこと」のように振る舞おうとしてきた自分が確実にいた。

振る舞おうとすれば訓練されるので、いつしか本当に「なんでもないこと」になっていく。

 

「よっぽどのこと」というのは厄介で、あくまでも自分内メーターだから、メモリが伸縮する上に、マグニチュードみたいな基準値がない。

だいたい、ほとんどの人の「怒りポイント」を、「え、たかがそんなことぐらいで?」と思ってしまう自分もいる。

ある意味許容量がでかい。でかすぎる。

 

 

「ムッとくる」「イラっとくる」のは怒りではない。

それはその場の「気の流れ」に反発する瞬間のエネルギーなだけで、五臓六腑にくるものではない。

瞬間的に放出したら、瞬間的に消える。

 

怒りはとは、もっと肝の部分から出るものだ。魂に関わることと言ってもいい。

 

しかしこの類の、真の怒りを、わたしはある時から封印していたことを、昨年金子さんたちによって教えられた。

教えられても瞬時にピンとこないぐらい、

わたしは、自分に向けられた理不尽なことに「怒らないこと」に鈍感になっていた。

そのせいで、行き場を失った負の感情は、わたしの内部に溜まり放題溜まっていて、そこをめがけて「悪いもの」がやってきた。

 

 

理性(頭)が抑えているだけで、感情(心)はきちんと表現してほしいと望んでいたんだよ、と。

そうと気づかずい続けた。

わたしは喜びに対しては、実に素直に反応するけれども、怒りに対してはスイッチを切っている。

怒ってはいけない、怒るのは無駄なこと、怒るのはみっともないこと

自分の感情に「善悪」をつけていたのも、自分だった。

その結果、わたしは生きているようで生きていないのだ、と指摘された。

 

怒りは自分の尊厳を守ることなんだから、今からスイッチを「オン」にしなさい。

そう言われて以来、怒りというものを見直すことにした。

 

* * *

「怒らない人」というのは、もしかしたら2種類かもしれない。

 

そもそも怒りの感情が薄い人。

もうひとつは、怒りの発露をコントロールしている人。

 

多くの場合後者だと思うが、後者の多くは喜びの発露さえもコントロールしている。

つまり「素直に感情を表せない人」。感情の出力レベルを絞っている。

それでも、喜びはしないが怒りはする人も非常に多い。

町で見かける「いちいち暴れるおっさん」とかもそのケースだろう。

 

 

怒りを発露させないようにする選択をする背景には、

「怒りをやたら発露させる人が身近にいる」ことが関係あるかもしれない。

 

病的に怒る人は、怒りを発露させるきっかけを常に求めているので

周囲で起きる「健全な怒り」を放置できない。

健全に発生した怒りに介入し、自分のエンジンに油を注ぐための材料にしてしまう。

そのため周囲は、家屋の全焼を防ぐために、マッチ一本擦ることができない、というぐらい

怒りの発露を抑えてしまう。

あるいは彼らにとって、怒りはことさら自己嫌悪のタネなので、

「健全な怒り」を見ることすら我慢できないから、やはりマッチ一本ですら問題にする。

 

またしょっちゅう怒る人を見る側には、

「なんだか憐れ」とか「バカみたい」とか「またはじまった」とかの意識が発生する。

それで、無意識が「自分はそうは思われたくない」を自動選択するのかもしれない。

そして怒ったところで何も解決しない、という冷徹な視線も持つようになる。

でもわたしはどこかで、確かに、

「そんな程度のことで怒れるなんて、むしろ羨ましい」と思っていたかもしれない。

 

 

しかし、「そうは思われたくない」は、「自分はマトモだと思われたい」という見えづらを選択することだ。

 

この「マトモ」も怪しいもので、基準値などないし、

マトモを目指すことに大して意味はないくせに、なぜか人はそこに向かって努力する。

 

わたしも、「まだ」そこに向かっていたんだな。

脱いでも脱いでも出てくるコートとはこういうことだ。

* * *

 

いずれにせよ、「人にどう思われるか」を気にしている限りは、

人は自分の人生を生きているとは言えない。

 

「どう思われたい」は主体を完全に他人に明け渡している。

「どうありたい」と考えるなら、自分が主体だ。

似ているようでまったく違う。

 

当然、後者は振動数が高い生き方になる。

「どうありたい」の選択の上に起きる他人との軋轢は、ある意味必要不可欠であって、絶対に避けられない。

けれども、その軋轢=摩擦で発生するエネルギーの「落ち」からの反作用で、さらに高いエネルギーが発生する。

落ちからアゲた時に振動数は上がる。

 

だから怒りもしない人は振動数は上がらない。

* * *

 

今日、そんなわけで、わたしはこの「非常に不愉快で吐き気がする」という感情にきちんと向き合うことにした。

なかったことにしない、という選択。

 

そこでまた恒例の奇跡だ。

 

なにかと言うと、例のリアル観音さま。

鎌倉にいた!

 

凹んでいると必ず現れてくれる。

奇跡も「恒例」ってなると、奇跡じゃなくなるからすごいね。

 

 

いろいろとお話しして、

あなたはもっと好き勝手に言いたいことを言い放ったらいい。

遠慮することはない。

 

何をどんな風に言おうが、誤解する人はどうせ誤解して、理解はできない。

逆に、どんな風に言おうが、理解する人は、理解して支持する。

そういう人たちを大切に。

それでいいのよ、と。

 

そして、やっぱり、そういう人たちにもっと会いに出て行きなさい、と。

観音さまが言っていることなのよと。

 

 

宇宙、やっぱりすごい。

 

 

そう、人はみんな聖人である必要はない。

怒ったり悲しんだり、凹んだり、転じて調子に乗ったりすることが

地上に生きている者のやるべきことなんだ。

 

それでわたしは、

従順で思慮深く優しい人なんかじゃない。

生まれてこのかたそういう人であったためしがないんだから。

別にそれでいいじゃん、ていうことなんだよね。

 

 

みんなも、怒っていいんだよ。

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜