修道院忘年会思いついた!

 

「料理が苦痛だ」ついでに、タイムリーにわたしが言いたい料理のことについて披露したいんだけど、

家庭やパートナーシップのこと、恋愛のこと、ついでにお金のことや、わたしが育った環境、通ってきた道、日々のこと、

そして次から次へと浮かんでくるアレやコレ。

わたしはネタの宝庫だ。

だからいろんなことを書きたいが、なにしろネタがあり過ぎて何から着手したらイイのか、考えるのもめんどくさい!

 

この法則面白いよね。

「昔のこと」(今より前は全部「昔」)は矢のように記憶から失せていき、今ホットなことを伝えたい。

けど、今なぜそれがホット?

を伝えるためには、

それより昔のこと

から共有しないと伝わらない。

ああ、このジレンマよ!

 

 

「料理が苦痛だ」の著者であり日本暴言協会の会長である友人は

執筆にあたり、自分を掘り下げるのに

昔の自分を思い出し、当時の記憶と対話することを

自分イタコ

と名付けていたので爆笑した。

 

ま、結構骨の折れる作業だと思う。

 

わたしは記憶の引き出しを開けて、そこからガサガサと何かを探すことを

ある時期に全部やってしまったような気がしていて、それ以降は

瞬間的に生きる(=今を生きる)ことにだけ注力しようと決めてみたら

本当の本当に瞬間的にしか生きられなくなって

ものすごいスピードで風景が変わっていくようになってしまい、

はっきり言って、このスピードには、誰もついてこれない。

当たり前だよね、自分の中で起きてることは自分以外わからないんだからw

 

そして最近気づいた。

このスピードに、自分さえもついて行っていないことを。

 

 

とにかく、人に何かを伝えたければ、イタコを登場させるしかない。

 

そうは言っても、もはや書くより、ベラベラ喋る方が向いているのではないか?

 

だからってiPhone相手にひとりでベラベラ喋る動画を撮ってもねえ、、、、

相槌を入れてくれる人、爆笑してくれる人、頷いてくれる人がいなけりゃ盛り下がる。

 

というわけで、みんなと会う機会を作りたい。

 

作るよ!

 

 

で、今思いついた!

 

暴言修道院の忘年会

をやろうと思う。

 

そーだ、決めればいいんだ。やるって決めればあとは動く!

 

みんな、来てね!!!!

 

 

みんなも日頃心の中にある、言いたいこと、ぶちまけたいこと、知りたいことを用意しておいてね!

 

日程未定。

 

それまでちょいちょい小出しにかけることを書いていこう。

 

てなわけで!

またね〜