人にやさしく

 

本当に優しい人は、

人に優しくしよう、なんてわざわざ言わないものだ。

そんなこと言わなくても勝手に優しくしているから。

きっと、そういうことを言う人は

望む人に優しくしてもらえなかったんじゃないか

優しくしてもらいたくて、優しくしようと言っているんじゃないか

 

 

・・・てなことを、なんとなく思った

この曲を聴いていて。

ちょっとせつない。

 

この曲が出た当時、この歌い出しは強烈だった。

甲本ヒロトさまは、「ちゃんとした人」なんだろうなあ、と思った。

歌詞が「お前」じゃなくて「あなた」と言っているから。

人にやさしく「しよう」じゃなくて

人にやさしく「してもらえないんだね」という彼は、

本当に優しい人だと思った。思ってる。

天才だよ。

 

 

人に優しくしたって、優しさを返されるとは限らない。

返ってくる優しさを期待して、人に優しくするなんていうのは、交換条件を求めているに過ぎない。

「わたしは優しくしたのに、してもらえない」

そんなことで心を痛めるなら、優しくしなければいい。

 

 

自分が優しくしたいから優しくするだけ(あとは知るか!)。

そう思えないのなら、「優しい人と言われたい願望」なんか脱ぎ捨ててしまった方がいいよ。

 

ヒロトさまはマイクロフォンの中から、

わたしは、モノを作って送る時に、心の中で

がんばれ!

って言ってます。

 

 

でも、そんなにがんばらなくていいんだよ。ほんとはね。

 

 

 

じゃ、またね〜!