スペルト小麦味噌を作ったよ!その工程を紹介します

 

とりあえず試作!

ってことで、早速とりかかる。

味噌づくりって、何が一番大変かってねえ、

豆を煮る

だよ。

 

まず、大豆。

仕上がり5キロだとして、乾燥大豆は1キロ超必要。

それをまず、浸水させる。

最低でも3倍の水が必要ってことで、かなり大きな入れ物が必要。

一晩置いた。

 

水から上げた。

ぷくぷくしてカワイイw

 

しかしこの後、これを「煮る」のだ。

乾燥で1キロだったものが水を含んでもっと重いよ!

 

 

次に麹。

取り寄せてる時間が待てなくて、近所のお店で買ったけど別に悪くはない。

 

封を開けるとこの状態。

これを、ほぐす。結構めんどくさいんだよこれがw

 

そして塩。

今現在で最も安全と言われているゲランドの塩(フランス)にしてやった!

それを麹に合わせておく。

 

次、スペルト小麦。

 

これを浸水させる。30分ぐらいやったけど、実際はもっと放置した方がよかったということが、蒸してみてわかった。1時間ぐらい浸水させれば蒸す時間はもっと短くて済んだと思う。

 

ザルにあけ、それを蒸す。

指で潰れるぐらいまでね。

 

 

そして大豆を煮る。

圧力鍋で合計40分ぐらい?

だけど、5リッターの鍋では2回に分けてやる必要あり。

これも手で潰れるぐらいまで煮るんだけど、やっては硬さを見て、またやる、みたいな感じ。普通の鍋でやるなら5時間ぐらいかかる。

こんな感じ。

煮汁は重要アイテムだよ!捨てないでとっておくこと。

そして!

ここから

「大豆を冷まして、潰す」

という一番の力仕事でやたら時間がかかる作業な訳だが、

なぜ冷ます必要があるのかというと、熱いと作業できないから。

しかし!

わたし天才だからひらめいた!!!

要するに、挽けばいいんじゃないの?

コールドプレスジューサー!!!!

 

熱いままぶち込んでやった!

そして狙った通りのペーストができた!

天才だよ!!!天才!!!

それを麹に合わせる。

パサパサするなら、さっきの煮汁を適宜足して、こねる。

この後は写真どころじゃなく、こねまくる。

 

で、容器に入れる。

本当は「甕」のような陶器のものがいいかもしれないんだけど、変化が目視できないからつまんない。

100キンで売ってるパン入れるやつみたいなのでよろしい。

 

 

できた!

わーーーーい!

材料原価だけで約7,000円ナリ。

・・・・しかし市販の味噌って、なんであんなに安いんだろ?????

 

 

この後、神聖幾何学をプリントして、容器の下に敷くよ!

 

試作品のマイ味噌とりあえずできた!!

後は微生物さまに託します!

 

 

てな感じ。

 

またね〜!