夢というもの

 

叶える夢の話じゃないよ。見る夢ね。

 

 

ちょっとびっくりしたことがあったんだけど。

新年会の翌日、原因不明の不調になり、寝込んだ。

寝ているというか、横になっているだけで寝れてもいないんだけど、その間に意識があちこちに飛んでいるのか、1秒ぐらいのいろんなシーン、

現実に知ってるシーン、知らないシーン、絵画、笑えるギャグ、ありとあらゆるところが続々と出てきて、しかしわたしはうなされ続けている。

で、これもまた金子さんに解決してもらった。

(金子さん出現率高し!w 修道院への検索ワードで「金子さん」てのがあり、吹いたw)

 

 

でね、回復して、インスタでも見ようと思ったらね、

なんと!

自分がアップするところに、この写真が出てきたわけ。つまり自分のiPhoneの中にある最新写真てことよね。

 

これさ、パリじゃない?今の。

わたしさー、もちろん行ってないわけね。

家で寝込んでたからw

ちょっと本当にビビったわ。

ビビったからそのまま、この写真をアップしてやったw

 

・・・・謎すぎる。

 

 

おいおいおいおい

わたしはパリに行ったのか?

 

 

 

でね、「夢について」ね。

 

あのね、夢とは何かっていう話、以前ドルフィン先生がしてくれた説明で、わたし決定的に腑に落ちた。

 

魂って自由なものなのね。

だからどこにでも行けるわけ。

行けるというよりも、自分の魂は同時期にいろんなところ(いろんな時間、いろんな場所)に無数に無限に存在している。

魂と意識っていうのは別個のものなのね。

で、意識は一個っていうか一箇所しか選べないの。

普段、わたしたちがふつーに生活しているときは、

「この肉体、この魂、この意識」なのね。

 

だけど、寝ている間に意識はいろんなところ(無数にある自分の魂のところ)に遊びに行く。

だからすごい昔の時代にも行ったり、未来に行ったりもする。

だから夢は、存在しているもう1人とか2人とか、または無数の自分なんだって。

 

この説明、ものすごく合点がいったの。

 

 

たまに夢で話す「言語」の話題が出るでしょ?

 

わたしはイタリア語を話すから、日本に戻ったばかりの頃、よく夢ではイタリア語だった。夢の舞台がイタリアだからそりゃ当たり前。

でもね、なぜか韓国で、南大門あたりの屋台でなんか食べてる夢を見たとき、わたし韓国語ベラベラしゃべってるんだよね。

あと、国連かなんかの視察団の一員として軍事境界線を見に行って、北朝鮮の兵隊としゃべったりもしてるわけよw

でも現実には韓国語なんか読めも喋れもしない。

それとか、カトリーヌ・ドヌーヴにインタビューしたこともあった。実際はフランス語なんか流暢じゃないよ。

 

 

だから、夢の仕組みって何かおかしいと思ってたの。自分の知らない言語を操っている。

ドルフィン先生の話はこれを見事に解決してくれた。

知らない言葉って絶対に喋れないでしょ。でも、今のわたしがその言葉を操れるかどうかは関係ないんだね。

それに自分の願望やら何やらを表すなんて、嘘だよ。国連視察団になりたいなんて思ったことないもんw そういや戦時下のイギリスで迫害される夢も見たことある。

ただ単に、そういう自分がどこかに存在しているだけで、そういう自分を含めた世界がどこかにあるだけってことなのね。パラレル世界ね。

 

 

で、そうだとして、

 

 

じゃあ、わたしは昨日パリに行って写真を撮って帰ってきたのかな。

・・・・そうだとしても、一切の記憶がないから、なんだか悔しいw

 

 

 

不思議なことはある。

 

 

読んでくれてありがとう!

じゃ、またね〜!