タイトルつけるのもめんどくさい

 

全国の修道女のみなさま

 

みんな風邪ひいてなあい?お元気ですか?

 

1月に入ってからほとんど寝込んだりしてウダウダしてる。強制的に寝ろと言われてるような感じw

昨日、「夜間外来」ってやつに行ってみた。インフルじゃないかと思って。

そしたら違った。な〜んだ、って感じ。よかったけど。

 

 

ところで最近投稿タイトルをつけるのもめんどくさい。

このグダグダ言いたいだけの記事に、タイトルもへったくれもないよねえ

 

最近思うんだけど、もう個人用のFBをやめてもいいんじゃないかと。。。

個人用ってホントしょーもないこと、くっだらない話の投稿に使っていて、あまりに修道院にとって「メリットではない」と思っていたから、まあかろうじて区分している意味があった(わたしにとってね)ような気がするんだけど、

別に修道院FBページでくっだらないことを垂れ流したっていいじゃん、て思うようになってきた。

そう思ってるのか「今だけ」なのかどうか定かじゃないから、様子見ようとは思うけど。

 

というのは、わたしやっぱり

くっだらねーーー!!!

みたいな笑いが人生には不可欠、というか、

ほぼそれ以外はどうでもいいんじゃないの?と思っているようなくだらない人間であるよってことと、

もう1つは、もう「区分」とか「定義」とか、なんていうの?

境界線をあえてつけること、っていうのかなあ

そーゆーのもホント意味あんのかな?と思ってて、

この2点が目の前にわさわさしてるわけです。

 

つまり「わたしはアクセサリー屋さんだから」とか

「いや、わたしはデザイナーです」だとか

「いえ、わたしは本来マーケティングの人なので」とか

さらに「これは現実的な話」「これは仕事の話」とか、、、、

いやいや確かにそういう線引きってあるよ。そりゃあるよ。

あるけどさー、なんかいちいちそういう「前提条件」を強調する気が今やほっとんどないんだよね。元から希薄なんだけど。

 

 

投稿って、タイトルつけると、それに準じたことを書かなきゃいけないっつーか、

それ的な「まとめ」に落とさなきゃいけない。

That’s why それが「記事」というものだから

って感じなんだけど、別にねえ、わたしなんかいつも、ブログ程度でなかなかどうなのよ?と思いながら書いて、タイトルを後からつけてんのよね。

 

 

まとめた話ならともかくも、、、、

もっと思いつきベースのことをサクサク発信したい。

 

・・・・てなことを、ちょっと考えているざんす。

 

 

しょーもない話につきあってくれてありがとう!

 

 

またね〜!