節分。鬼なんかいない

 

修道女のみなさま

 

今日は節分でした。

 

アテルイと坂上田村麻呂の話ついでに「鬼」って何だろう?と考えてから、

もう何年も、「鬼は外」と言うのをやめています。

 

もともといない鬼というものを作り出して、

それを殺害し、後世まで忌み嫌って豆を打って追い出す呪詛のような気がして。

 

まあ、それだけなんですけど、

ともかく我が家ではやめています。

 

でも、野生動物が食べるから、外に向かって豆は投げてますw

野生の王国なので、色々とごちゃごちゃいます。

 

アライグマもタイワンリスも、

害獣だから駆除しなきゃいけないっていう声がありますけれど、

そもそもは人間がやらかしたことの結果。

野生化した彼らが増えて、困って、駆除しろって、、、、

それこそ鬼じゃありませんか?

彼らだって生きている。

 

動物でも植物でも、外来種による「生態系への影響」という言葉が

わたしはそんなに好きではありません。

彼らはほっといたら勝手にバランスされていくと思うのです。

 

在来種だからよくて、外来種だからダメっていうような線引きが

あまりにもみみっちいような気がして。

それにちょっと恐ろしさも感じる。

 

 

駆除する人がいてもいい。

わたしはしない。

それだけのことです。

 

 

 

今日はそれだけ。

 

 

またね〜!