『修道院の断食』っていう本がある

 

全国の修道女のみなさま

 

とにかく、ここ数日眠くて眠くて、どうしようもないんですよね。

眠くて修道通信を書くのに難儀するw

みんなはどう?

 

加えて、節分過ぎてエネルギーが変わり、さっぱりしたのも束の間、

自分の中にある「欲求」が出てきて、同時に途方に暮れる気持ちが出てきている気がする。

だけど思った。

要するに必要なのは「見通しの整理」なんだと思う。

内的なことではなくて、現実にもっと具体的な行動のこと。

 

欲求を持ったなら、それに向かえばいい。

さて、どう向かっていこうかな、というのが今のタイミングなのかもしれません。

 

 

それに花粉もヤバくないですか?

なんかすごいクシャミ鼻水攻撃。

こりゃ今のうちに軽く断食(ファスティング)して、腸を綺麗にしておきたい。

 

 

などと考えていたら、

ひょんなことから、見つけてしまったこの本。

『修道院の断食』

修道院の断食

なぜ、世界中のあらゆる文化や宗教のなかに、断食という行為が存在し、脈々と受けつがれてきたのか。なぜ、世界三大宗教の祖であるキリスト、ブッダ、マホメットが、いずれも伝道を開始する前、長期の断食を行なったと伝えられているのか。42歳の雑誌編集長が魅力的な修道士たちの指導のもと、ドイツの修道院で7日間の断食修行に挑戦。心身両面で浄化されることにより、健康で価値ある人生を送るための秘訣を学んでいく。

 

だって。

 

頭さえ痛くならなければ、7日間ぐらい、割と簡単にできるよねえ。。。

(とにかく空腹より頭痛が問題なのだ)

 

 

 

目次を見ると面白そうだから買ってみようかな。

第1章 修道院へようこそ
第2章 「修道院の安息」に関する短い考察
第3章 一日のリズムについて― 正しいリズムを見つける方法
第4章 沈黙について―安らぎを得るための最初のステップ
第5章 静寂について―安らぎを得るために、なぜ静かな決まった場所が必要なのか
第6章 聞くことについて―なぜ、正しい「謙虚」と「従順」が必要なのか
第7章 日々の暮らしについて―安らぎを日常にとり入れる方法
第8章 祈りについて―安らぎに近づくもっとも重要な方法
第9章 黙想について―魂の深みへ降りていく方法
第10章 自分自身について―自分自身と、また他人と、いままでよりも仲よく暮らすための方法
第11章 人生のリズムについて―自分の人生と、うまく折り合うための方法

 

だけど「ドイツの修道院」てところが、なんかいかにも厳格そうで「徹底的」な感じがして、ちと怖いw

 

 

でもとにかく今は眠くて眠くて、本を読める気がしない。

頭が冴えてる時間があったら、本を読むより片付けていくべき仕事に使いたい。。。

 

 

少なくとも、修道院のSEOがなんかおかしい、ということに(薄々気づいてはいたんだけど)

どうやらちゃんと見直さないといけないようなのです。

だって「メダイ ネックレス」とか「ルルド メダイ」で全然表示されないってどういうこと?

問題があるとしか思えない。

ハーーーーー(ため息)

 

【ルルド直輸入】マリアさまとベルナデッタのメダイネックレス

 

せっかく買い付けたのに、誰にも知られいないのかしらと思うと、、、、いや〜ん悲しい!

みなさま、すみませんが、もし手間じゃなかったら商品ページのシェアをお願いします。

 

 

ハーーーーーーーーーーーー

めんどくさいけど、地道にやってこそ

と、自分に言い聞かせる。

 

 

今日も付き合ってくれてありがとう!

 

またね〜!