我が修道院に授かったマリアさま

 

全国の修道女のみなさま

 

 

ついにというかなんというか、坂ノ下修道院にマリアさまを授かった。

FBページを見守ってくれてる人たちはこのプロセスを知っているけど、

いま思うと、いきなり「陶芸」と言いだした頃から、この流れが始まったんだと思う。

今年は焼物でアクセサリーを作ってみたい、(そもそもプレゼピオを作ってみたい、という発想から)

陶芸家の手を借りる前に、自分で試作してみた。

そんな過程の中で、わたしは自分の手で粘土を焼き、マリア像を作る手立てを発見した。

 

 

夢中になって、たくさん作った。

写真を撮ったら、お顔がそれぞれ違うことに気がついた。

同じ型からできているのに、不思議。。。。

 

そしてこれは、「無心」になって作らないと、「何か違うもの」というか、

わたしの満足いくものにならないこともわかった。

心がまっすぐでないと、きちんと切れないから、像が自立しないんだよ、本当に。

 

 

また、この「形」を持つまでは、「ただの粘土」であり、手でこねたり潰したり丸めたりできるものが

形を持った瞬間、「存在」に変容するということを実感した。

 

 

5人を並べてみた。

何かを話し合っているように見える。

ひとつのテーマについて、みんなで祈っているようにも見えるなあ、、、、

と見つめていた時、

なにかこう、なんというか得も言われぬものが、心の中に起きた。

あたたかくなってじーんとして、、、言葉では言えない。

いや言葉で言ってしまうことを好まないので、なんというか、、、、心がそこに吸い込まれるのを感じる「強い何か」という表現にしておきたい。

 

それで思った。これは数分間の真空状態。黙想に近いのだろうと。

 

それからまたひたすら作り続けた。

 

 

 

このマリアさまを欲しいという声が上がり、

そこで、どうやってお届けしたらいいのかな、、、と考えたときに

誰もが黙想できるようなキットにするのがいい、と降りてきた。

これを手にする人が、マリアさまの「会議」に参加できるような。

 

 

それでマリアさまの花園を作って、その中に像と、彼女の象徴である薔薇があればいいと閃いた。

 

聖母マリア薔薇のガーデン

 

やってみてわかったのだが、乾燥した植物を思い通りに配置するのはかなり難しいのね(笑)

試行錯誤の末、このような形でお届けすることに決めた。

お花はすべて造花ではなく、本当のミニミニのドライフラワー。

聖母マリア フラワーガーデン

 

詰められるお花の色も種類も、薔薇以外はみんな違うものになります。

 

 

お手元に届いたら、花園から出して、並べてみてください。

穏やかな気持ちになると思います。

 

 

例のリアル観音さまが「ついに授かりましたね」と言ってくださり、

それが本当に嬉しかった。

 

 

 

ただ、これは作るのにかなり手間と時間がかかります。

というより、かけて作りたい。

量産体制を作ればいいという類のものではないと思っています。

なので、お届けまで少し時間をいただくことがあるかもしれません。

 

あと、

器の形状と金額も、当面これでいきますが、都度変更することになるかもしれません。

 

 

ゆくゆくはセッションをして、

ご自分で好きなマリアさまを選んでいただく

というのもやりたいと思っています。でもまだ先です。

 

 

ご縁のある方のところに届きますように。

 

黙想〜聖母マリア薔薇のガーデン