数字が嫌いだ! ジイさんの教えシリーズ その1

 

3月です。修道院の裏山ではウグイスが鳴き始めました。

これから夏までものすごい勢いで鳴き続けるんだよ。ちょっと風情を通り越した世界w

ホーホケキョ ピラピラピラピラ

それは彼らの「婚活」!いいお相手に巡り会えるといいね!て、わたしからも祈ってる。

 

でもね

3月はお誕生月でもあるから、本来はヒャッハー!なんだけど、

わたしは振動数下がります。

KTSK

だから。

 

KTSK、そう、確定申告。このカクカクしたこわばった文字すら振動数を感じない!

はーーーーーーーーーーーーーーーめんどくさい。実にめんどくさい!

「イイ気分」の真逆。

だからギリギリまで、取り組む気にならない。

 

いや、着手すればな〜んでもないことなんだよ。

とっととやりゃあとっとと終わるんだよ。

そんなことは知っている。

だけど、「やる気」になるまでのいや〜〜〜な気持ち。

なんなんだろうね?一体。

 

 

この季節が来るたびに、わたしは死んだおじいちゃんのことを思い出す。

 

おじいちゃんはわたしを「かわいい、かわいい」と言って育ててくれた人でした。

おじいちゃんに何かを否定されたことが一度もありません。

まーーーーーーいろいろと問題あった家庭に育って、わたしがヨレずにどうにか生きてこれたのは、このおじいちゃんとゆー存在のおかげだと思ってます。

「かおりさんはイイ」んだ、ということを、24時間、365日。それを90なんぼで死ぬまで言い続けてくれました。

 

そう、それでね、

わたしは数字が苦手です。

「算数」が「数学」と名前を変えたあたりから、もうわたしには、この数字というものが

何がなんだかわからない、

わたしにはあんまり関係がないもの

としか思えませんでした。

もう「ルート」とか出てきた時点で、わたしの頭の中は

「だから、何?」という疑問でいっぱいです。

「ルート」とか微分積分とかが、わたしの人生に何を与えてくれるのか、

そもそもそれがわからなかったから一切やる気がありません。

それでも、中学の頃はまだ、「頑張って取り組んでみる」という気持ち的な努力はしていました。

 

高校に入り、ますます意味が不明になり、

意味っていうのはその問題や数式を解く意味のことなんだけど

考えたってわからないんだから、考えるだけ無駄

という結論に早々に達して、授業中は一切関係のない他のことを考えて過ごし、

試験には名前だけ書いて提出、という

つまり「わたしは数学を手放した」という状態に、とっとと入りました。

 

だけどさー

絶対、先生が悪いと思うわー。

先生ってゆーか、教科書?カリキュラム?文部省?国?なに?

なんか根本的に、わたしに「数学を愛するような気持ち」を芽生えさせないようにしてただろ?って思ってます。

むしろ、黄金律の話、とかから初めてくれれば、

世界の神秘を解明したいわたしのこと、

今頃数学者になってたかも知れないよ!(なわけないけどw)

 

 

そんで、学校の試験はそういうわけで

数学=0点以外ない

英語とか国語=たいてい100点かそれに近い

という、なんかイビツ極まるものになっていたので、母親が学校に呼び出され

「家の教育が悪い」

と怒られたっぽいWWWWWW

 

ところが母親は自分も数字がダメだったから、これには抵抗せず「まあ、仕方ないわね」となってたけど

家の教育が悪いと言われたことにはムカッときてたらしく、現場ではスイマセンと言いつつも

「なんでも家のせいにしないでほしいわよ、あの先生!」と帰ってから息巻いてたw

 

 

そこでわたしはおじちゃんに聞きました。

もしかしたらわたしが「悪い」のかも知れないと思って。

「ねえおじいちゃん、わたし数学が本当にダメなんだけど、それじゃいけないのかなあ・・・?

教科書とかもう、なんのことを言ってるのかわかんないんだけど。。。。」

 

おじいちゃんは数秒、真剣に考えて、真顔で言いました。

「そんなに嫌なら、やらなくて良いさ」

 

やっぱそうだよね?

しかし、そう肯定されると逆に怖くなってきます。

「将来、ろくなことにならないって思う?」

おじいちゃんの答えは明瞭で

「いや、数字を扱う仕事をしなければ良いだけだから、何も問題じゃないよ」

「数字を扱う仕事?」

「銀行とか、証券だな。おじいはそういうところにだったらお前を入れてあげられるけど、どうやら役に立ちそうもないね」

と言って、ははは、と笑ってこの話はおしまいになりました。

わたしはそれで、めっちゃ安心しました。

 

そうはいってもジイさんは、全国にチェーンを持つ会社の経営者だったのです。

(今見ると昔の人ってカッコいいよ!)

この人はそんなにおかしなことを言うはずがない。

ま、わたしはだいたいそんな風に考えていました。

 

 

今思うと、この話は

気分が悪いことはやらなくて良い

という、引き寄せ的なものの根本をなす、シンプルで強烈な教育だったと思います。

大体おじいちゃんから受けた教育のすべてが、それ的なことでした。

わたしが「やだな」と思うことは「いやで仕方ない」というふうな具合です。

わたしが最近「エイブラハム」の本を読んでチョー納得したことの由来はそんな原体験とともにある。

 

 

まーそれ以来、わたしは「数学が極端にできない」ということは、自分にとって一切問題ではないこと

と確信を強めたわけです。

ビンゴでしょう?

だって計算なんか今やエクセルがやってくれる。

確定申告だって、本来はもうアプリとかでできるような話。

割とそのうち税理士とか会計士だってAI先生が取って代わるようになるでしょ?

 

 

なので、

KTSKが「チョーめんどくさい」からといって振動数が下がるのも、せいぜいあと数年、と思って

仕方なくやることにしています。

それに、やったあとは勝手にアガるんだもんね。

 

で、今日もまだ着手しません!(きっぱり)

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜