ベクトル平衡体(1):あんたが頭でわかってることなんて、大したことないんだよ

 

全国の修道女のみなさま

 

わたし今、めっちゃコーフンしている。

正確には、昨日、眠りに落ちる前にめっちゃコーフンして、2秒で寝た。

そしてこの話は長くなる。

 

 

昨日、思いついて、突然「綿棒ワーク」を始めた。

 

「綿棒でフラワーオブライフをつくる」に関しては、去年、秋山先生が

「かおりさん、もうね、どんなセミナーより、どんなお話より、これからは綿棒で参加者に手を動かしてもらう方が理解が早いよ!」って言ってて、

「ふ〜ん、そうか〜、そうかもしれない、、、、」

と生理解をしたものの、今に至るまでなんとなく、気が乗らないでいた。

 

 

昨日、なんで気が乗らないのだろう?と考えて、

わかった!

それは、綿棒がわたしにとって「ビンボくさいもの」だからだ(個人の感性ですw)。

わかったので、すぐ解決した。簡単だ。

ビンボくさくないようにすればいい。

 

というわけで、塗った。

わたしのバーイ、何は無くとも「色」が大事だ。

そして最初に選択する色は、迷わずゴールドだ。

 

 

ベクトル平衡体

から、まずやってみようと思った。

 

わたしはせっかちで、やろうと思ったら「すぐ」やらないと気が済まない。

しかも、検索したり、人に聞いたりする暇すら惜しい。だいたい夜中の2時に誰に聞く?

必要なのは36本、と分かればそれでよろしい。

何も見ず、何も考えず、黙々と手を動かした。

(後で検索したら展開図とかいろいろ、ネット上には出ている。でもわたしは敢えて「何も見ないでやる」をお勧めしたい。後で書くけど)

 

 

バカだから、とにかく三角形を作ればいい、と思って、△に着手した。

 

もう、その瞬間わかった。

 

どうしてこの世界が「三位一体」なのかを。

 

「三位一体」こそが神であり、あなた(わたし)自身であり、すべてであり、力であり、今であり、愛そのものだ。

そのどのバランスが崩れても、

神でもなく、あなたでもわたしでもなく、すべてでもなく、力でもなく、今であり、愛でもない。

 

 

そして、わかったことは、

そんなことを口に出しても、左脳で理解しても、エライ人に聞いても、実証を求めて本を読もうが、何をしようが

何もわかっていないのと同じ

だということがよくわかった。

 

そこでこのタイトル

「あんたが頭でわかってることなんて、大したことないんだよ」

と言う声が。

声の主は誰?わたし?神?プラトン?ジーザス?

(誰でもいい)

 

 

そこからものすごい勢いで、わたしは「わたし」の中に入っていく。

 

△が立体になり、立体が増殖していく過程で、

なんというか、!!!!!!!!という感じ。

(言語というものはチープすぎて表現はできない)

 

 

そっか、秋山先生が言ってたのはこーゆーことね。そーゆーことね。なるほどねー。

 

思えば、2016年

自分の手を動かすことで何かを生み出したい

と、突然閃いたというか、とりつかれたというか、降りてきたわけだが、

 

あ、それってこーゆーことだったのかな?

 

とも思った。

 

 

そう、これ(ベクトル平衡体)は、誰にも聞かず、何も見ずで

自分一人でやることをお勧めしたい。

その時間が「空」であり「すべて」だ。

「簡単に、早く作る」ことなんてどうでもいい。

そんなこと言うならそもそもこんなもん作らなくていいものだ。

 

お手本はあなたの感性で、

あなたが美しいと感じる姿。

と言うのは、わたしたちは、誰かに聞いたりしなくても、

最初からすべて、何もかもわかっているんだ!ってことを「思い出す」作業だからだ。

 

 

坂ノ下修道院は、発足時のタグラインに

愛と美しさが世界を救う

と入れていた。

 

明けの明星輝く頃、わたしは一人で

その通りじゃねーか!ザマアミロ!

 

と思ったのだった。

 

 

そしてさらに、別なことを「発見」した。

 

 

続く