鬱に苦しんでいる友へ

 

鬱というのは、あなたの魂が

「違う、そうじゃないよ」と言って、あなたの活動を一旦停止、または強制終了させるサインだから

むしろ、そのサインをきちんとキャッチしてくれたあなたの身体は、実はめっちゃ正常だってことだよ。

魂も身体も、そうやって、あなたの「ありよう」を、ちゃんとガイドしてくれている。

そんな両者に、ちゃんと「ありがとう」を言いなよね。

 

意地を張っているのは、あなたの「意識」かもしれないよ。

せっかくあなたを休ませてやろうと鬱を企画したのに、「何もできない自分」にこだわって、絶望したりしてさ。

いやいや、そこはまず感謝だから(笑)って彼ら思ってるよ。

ありがとう。そしてサーセンだよ。今まで無視し続けてごめんなさい、だよ。

 

言っとくけど「自分」なんていないから。だってあなたはただの振動波。

今は出力低下してるだけ。

株価で言えば、ストップ安。

そんな時は「買い」だよねw

だったらむしろ今のあなたを、いろんな人に買ってもらったらいいよ。みんな喜んで買ってくれると思うよ。

そのあと勝手に上がるから、そしたらその時ちゃんと利益分ければいいじゃん。

「今は何もできませんが」。それでいいじゃん。

何もしなくていいからそうなってるんだよ。安心して、何もしなけりゃいいんだよ。

ダメよ、振動数高い時だけ喜んで、低くなったからといって悲しんだら。

どっちも、同じ振動波。どっちも、同じあなただよ。

低きゃ低いで、役割がある。そのことを考えてみよう。

 

 

人は、鬱になったあなたに

「気の毒に。早く良くなるといいね」って言うかもしれない。

でも、わたしはそんなことは言わないよ。言われたら急かされてる気分にならない?

それに、どうせすべてうまくいくようにできてるんだから、心配すらしてないよ。

 

ていうか、あんたスゲーな流石だな!ぐらいに思ってるよ。

平成も終わろうというこのタイミングで、そーなってるってことは、完璧に時流に乗ってるわけだよ。

全部切り替え。

いったん0になって、そこから「わ」になる新時代。まさにそれの体現者じゃん。

 

 

れいわだから、「昭和」がゼロになるんだよ。

忙しく動きまくることが美徳だった昭和が。

意味も考えずに快活であることが美徳だった昭和が。

 

何かしてないと落ち着かない、あなたの性分は典型的な昭和型w

それを貧乏性と言ってたけれど、そのままだと新時代で生きられないから、今そーゆーことになってんだよ。

宇宙ってよくできてるって。そのようによくできている。すべて完璧なんだよ。

 

 

今できないことにフォーカスするのは、意味がないからもうやめときな。

 

むしろ昭和〜平成と、今まで自分が成し遂げてきたことをカウントしよう。

実は計り知れない無数のことを、あなたは成し遂げてきた。

けっこう偉大なんだよ。

今まで、通算何食ぶんのご飯作った?

家族のために、どんだけ時間割いた?

あなたがいることで、職場の空気どんだけ良くした?どんだけ人を笑わせた?

生まれた時から今に至るまで、ものすごいことを、いろいろやってきてるわけだ。

全部通算で考えてみなよ、すごい時間数なんだよ。

 

それなのにどうよ?カウントしたこともないでしょ?

今、カウントする時間もらってんだよ。

カウントしてくれって言われてんだよ。

だけど、本当にカウントするのは、「人の役に立ったこと」なんかじゃなくて、

「何回、本気で喜んだか」「何回、心震えたか」だよ。

 

人生は、「誰かの役に立つこと」が目的じゃない。

義務を果たすことでもない。

金を稼ぐことでもない。

 

そんなことはどうでもいいと言われてるんだよ。

 

 

いいじゃん。今何もできなくたって。

もう十分やったんだよ。

いいから黙って休んどけ!ってことなんだよ、少なくとも今はね。

休むのが下手なあなたに、プレゼントされた奇妙な休暇だよ。

 

 

いつ治るかって?

知らないよ。

別にいいじゃん、ずっとそのままでも

 

って、心の底から思えたら良くなるよ。

必ずね。

 

抵抗するな。

 

自分がゼロになっていく。

それはなんと美しいことか。

すべての蝶々は、蛹の中でゼロになる。

時が来て、蛹を出た時、きれいな羽が生えている。

 

 

あたしがあなたに言えるのは、まあ、そんなようなことだよ。

ついでに言うと、鬱のひとつにでもなったことのない人間てどうよ?ぐらいに思ってる部分もわたしにはあるよ。

生命のはかなさも美しさも、人の弱さも優しさも、

そして強さも、

そんな経験からしか学べないんじゃないのかな。

 

だから今起きてることは、けっこういいことだと思うんだよ。

辛いと思う意識を見直してみようよ。