ただの日記。時間、クリエイティビティ、パスタマシーンとか

 

時間ていつからこんなになくなっちゃたんだろ?いつからこんなに早く進むようになったんだろ?

って思った。昨日。

とにかく時間がない。あっという間に1週間が終わってしまう。

その中で、あれもやりたい、これもやりたいということはあっても、実際は、本を読むことすらままならない。

修道通信を書く時間も「確保」しないとない。

 

 

例えば学生の頃、一体どうやってたんだろ?って考えたら、びっくりするぐらい、時間があった。

大学まで「通う」、授業に「出る」、友達と「遊ぶ」、家に「帰る」みたいな決まった帯の時間があった上で

本もたくさん読んでたし、デートやなんやかや出かけてたし、家族の会話もあった。

 

時間があったのは、ご飯のことを考えなくてよかったからかな〜?と一瞬思った。

要するに、「自分の暮らし」が確立する中で、「何を食べる」ってけっこうな時間数を取られている事実がある。

外で食べるのか家で食べるのか、家で食べるとすれば何を食べるのか、買ってくるのか、作るのか。

作るとなったら、買い物に行って、帰って、料理して、食べて、片付けして。

・・・これ、実はすっごい時間数だよ実は。

食べるって、究極のルーティンだもん。

 

 

だけど、やっぱ、そこじゃない。

だって、もうわたし「メシの奴隷」じゃないもん。

むしろ食べなくてもいい、って思ってるし、そーなってからご飯関係のこと一切は、実はDNがやってくれている。

買い物、料理、片付け、ほぼ全部だ。

 

事実上、今のわたしから「無駄な時間」は、ほっとんど排除されている。

楽しいと思えない会合には一切出ないし、余計なつきあいも皆無、通勤もない、無駄な会議もない、

さらに、昔はあれほどちゃんとやりたいと思っていた家の片付けとかも、やりたくなければやらない。

そしてわたしは上機嫌。

 

そしたら時間がなくなっちゃった!

 

 

だけど、これは「時間に追われる」という感覚とはまーーーーーったく異質なものだ。

むしろ真逆。

「時間」をスケジュール帳みたいな線区切りで考えなくなったら、濃い時間が飛ぶようにすぎていく。

「忙しい自慢」の人のアレ(いるでしょ?忙しいわたしエライ的なスタイル。まあご苦労様ですって感じの)とも相容れない。

 

 

あれ?

もしかしてわたし、時間から解放されたのかな?

って、ふと思った。

でも時間がない!

 

* * *

 

 

こないだ漠然と、

「クリエイティビティ」ってどこから来るんだろう?

ってことを考えていたら、

まったく同じことを、酒の席で出してきたおっさん友だち(クリエイター)がいて、ちょっと盛り上がった。

この疑問に関して「まったく同じこと」を話し合える人がいたか!と嬉しくなった。

その時、生前のラガーフェルトさまのセリフ

「(世の中に)クリエイターはたくさんいて、わたしはクリエイターだ。でもわたしがアーティストかどうかは、自分で名乗るものではない」

といったようなことは、すごく卓越した見解で、それ以外に言いようがない。さすがラガーフェルトさまと思った

とゆー話をしたら、非常に賛同を得た。

 

ともかく、ふらっと飲みに行ってこんな話題ができるのは素敵なことだ。

恵まれてんなー、わたしって思った。

そういやその時も、気がついたら1時をまわっていた。

 

時間て、(意識が)区切った瞬間、薄くなるのかもしれないね。

 

* * *

 

そんなわけで、ポリマークレイ に没頭する日々。

ようやくパスタマシーンが届いた!

え?パスタマシーン?て思ったけど、これがないとどうにもならない必須アイテム。

ちょっとウケてしまった。

フィレンツェに住んでた時行った、トスカーナの田舎の別荘(人んちの)で、パスタを作って食べた時のことを思い出した。

めんどくさいから、わたしパスタマシーンなんて絶対買わないだろうと思ってたのに、今やこんな用途で使うとは!

 

色をブレンドしたり、クレイを均一な厚みに揃えるのに使う。

 

 

アクセサリーは、パーツを組み合わせる作業。

クレイは、それ以前のまったくゼロから、形も色彩も用途も作る作業。

使わなきゃいけない脳の範囲がはるかに広くて難易度が高い。

形の定まらないものを形にする、なんでもできるってことは、非常に難しく、漠然としていると何ものにもならない。