受け取れない人

 

全国の聖母の皆さま

 

 

今日は母の日で、しかもうちの母は誕生日。

80にもなるわけで、傘寿のお祝いだ。

 

当然そんなことは今日になる前からわかっていることで、

わたしとしては前々から、この日でなくてもいいからちゃんとお祝いしようと提案をするも

まあ、母は乗ってこない。

いつものことだ。

以前も書いたけれど、うちの母はいわゆる「受け取れない人」なのだろう。

「喜ばせたい」という気持ちをいともカンタンに葬ることができる、

その負の力というのはとんでもなくパワフルだ。

 

いやー、そんなことはわかっている。

わかりきっている。

 

けれども今年は例年とはワケが違う、とわたしは勝手に思っていて

令和元年という「節目」に傘寿、

しかも、父親は昨年には「すぐ死ぬかも」「新元号は迎えられない」などと言っていたわけで

それって結構でかいトピックスなんじゃないのかね?

運よく、そーゆー危機もひとまず超え、とりあえずは元気で令和となったんだから

本来であればどんな1日も貴重であるはずで

少なくとも生きていることの喜び、というか

みんな揃ってお祝いすることは生への感謝でもあるから大切じゃん

 

・・・・というような心境には母は1ミリも達していないことを、

今回はわたしは知ることになった。

むしろ齢80にしてなお、それか!という

ある意味、それは彼女にとってめっちゃ元気ってゆー表現なのかもしれないなー

とさえ、

もーかなり無理やり思うことにした。

 

 

いや、別にそれもいい。

老いては子に従い

などという昔の人の言葉は我が家では無力だし、

そんなことは今に始まったことじゃない。

 

 

しかし、そーなるとアレだ。

それは逆に、「こちらの問題」になるわけだ。

受け取れない人に対して、何か気持ちを表そうとしても

こちらが嫌な思いをすることはわかった上で

1放置する

2それでも何かする

この二択になるわけだ。

 

 

わたしの習性として、なんとなく、どんなアレでも

これが最後かもしれない

とか

2度と会えないかもしれない

とかを

割とよく考える。

そう「♫ 2度とあ〜えなくな〜るなら〜」by  ユーミン

「♫ どうしてどうしてできるだけ優しくしなかったんだろう」

などと思うことは、少なければ少ないほどいいと思っている。

悔いを残したくないのはわたしなのだ。

ぶっちゃけ母親が死ぬときに何を後悔しようが知ったこっちゃない。

 

というわけで、

まあ、仕方がないからビシッと花束を買い、

マリアさま会議とともに届けた。

 

少なくともわたしはやった

という自己満足があれば、

まあ、やらなかった後悔よりはマシだというだけのことだ。

そしてあとはもう、マリアさまに任せた!

マリアさま、後はよろしく。じゃ!

だ。

 

 

という意味で、

わたしは今日という日を乗り切った。

 

 

しかしアレだ。

子供は親を選んで生まれてくるわけだから

わたしはどうして彼女のところに行ったろと思ったんだろう?

今ひとつわからない。

たいていのバーイ、その母親を喜ばすためとか、幸せにしてあげるために行くわけだが

ごくごく少数派として

「修行」というのがあるらしい。

まー、わたしはそれだろうと思う。

 

あと自分の「謎」として、

わたしは生まれてきたとき死んでいた(仮死)らしくて

ま、そこから「やっぱ生きる」ことになったわけだが、

この今ではまったくわからない臨死体験のさなかに、どーゆー経緯があったんだろう?とゆーことは

なかなか知りたいことでもある。

 

それで、去年のいつだったか

YouTube見てたら、ナントカ博士の退行催眠だかなんだかがあって

前世記憶だかなんだか? つまり今の「生」を得る直前のことが見える的なのがあって

なんとなくやってみた!

 

けれども

な〜んもわかんなかった!

 

だけど、ひとつだけ収穫があった。

誘導に従って瞑想していくわけだが、

その最中に、降りてきたのは

わたしは自分で死のうとした

とゆーものだった。

 

や、もちろん、そんなのなんの根拠もない。

だけど、それがめーーーーっちゃ腑に落ちて

そっかーーーーーー!!!!!

と思った。

 

多分、胎内時代に「しまった!ここじゃない!」みたいに思ったんだろう

つまり「エラー」だ。「間違えた!」みたいな話だ。

結構、その時の気分になってみるとじわじわ笑えるw

それでとっとと帰ろうとしたわけだが、そこに空白の「何か」があって

わたしはあの世の扉をくぐることはできなかった。

なにがしかの「神様との約束」が交わされたものと思われる。

いったいなんだろうね?

(って、誰も知らない)

 

ま、せっかくだから、地球社会でもぐるっと見てきな!

程度の話なんじゃなかろうか、と思ってるんだけどさ。

そんなに大層なお役目があって生かされたようには思えないw

 

遊びをせんとや生まれけむ

だよ。

人生なんて所詮そんなもん。

 

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜!