クレイ制作プロセスと要点メモ的な

 

全国の修道女の皆さま

 

いやー、なんだか忙しいわ。忙しいっていうか、やることが際限ないのよ。

脳みそがとっちらかってる感じ。

「やらされてること」じゃないから逆に優先順位がつけにくいってのはあるなーと発見したわ。

 

まあ、いいや、そんな話どうでも。

 

それより、ついに!

バングルの作り方が納得いった!

というわたしにとっては稀に見る「やった!感」

 

いや、バングルなんていろんなやり方があるわけなんだけど、

わたしが追求したかったのは、このタイプなのよ。

これはイタリアのやつ。

なんか「味わい系」(色々と不揃いだけど、それがいい味になってるやつ)

そして、ワイヤーも金具も使わずに繋げられるやつ。

(ちなみにこういう真鍮のオーナメントがあれば、同じようなものはすぐにでもできるけど、日本で気に入ったやつは見つからない、、、、)

 

まあ、タイルに台座をつければ、もっと簡単に繋げられるんですけど、

とにかくどうしても、このスタイルを会得したかった!

 

そして、わたしがクレイでやりたいことは

味わい系

なのよね。

 

だから、会得するまでやるのよ。

それで今まで何個も作っては「違う!」ってなってた。

 

しかし、今回やっとわかったの。

 

どーゆープロセスで作っているか、ちょっと見てくれる?

 

 

まず、一個の石?タイル?を作るのに3層になっているわけなんだけど。

最下層の部分を作る。

左はクレイ生の状態。焼くと色が変わる系。

これ焼くとすっごい綺麗な、わたしが好きなエメラルドグリーンになるのよ。

ちなみにゴムとかリボンとかが通るように筋をつけてから焼く。

まずここまで第1工程。

 

次に。

表面に来るクレイを作って(今回はマルチストライプ)同じ形にする。

ストライプの下には、さっきのグリーンを重ねて、2層になっているの。

 

それを、下の層の筋に合わせるように上にも筋をつける。

以前はそうしないで、焼いてからドリルで穴を開けていた。

それなりにめんどくさい作業だったけど、まあそれはそれでよかった。でも理想とは「違う」のよ。

 

で、上にも筋をつけたら、

次に、前日焼いておいた「下の石」と接合させる。

それには、このリキッドのクレイ(そんなもんあるんだね!って感じでしょ)を塗布して張り合わせ、それから焼くのよ。

 

リキッドクレイっていうのは接着剤みたいなものとしても使えるけど、他にもこれがないとどうしようもないじゃん!てことはある。

・・・・という「なにそんなのあるんだ?」から「それ必携アイテムなんじゃん!」とわかるまでの情報は、

すべて海外アーティストのYouTubeで知った。

 

つくづく

「自分だけの情報」とかを死守しているような時代じゃないわ

ってことを感じる。

みんな「へええええええええ!!」というようなスンバラシイ技術ノウハウを、惜しげなくばんばん公開している。

実に清々しい。

 

(おかげで「ファーレンハイト」で言われる温度と、「インチ」っていう単位になじんだわw 「オンス」だけはいまだによくわからない!)

 

 

ま、とにかく

こんな風にくっつけて、じっくり焼く。

 

 

ここまでで第2工程だね。

 

 

そしてなう!

 

焼きあがったわ!(今ここ)

 

やった!できてる!

 

 

ここから第3工程で、

磨いて、バリを削ったりして、表面を滑らかにする。

次に

モノによってはコーティング剤を塗って、乾かして

っていう作業。

コーティングにはレジンを使うのがベストみたいだけど、

わたしはアクリルシーラーを塗ってる。

そのうちレジンも導入しなきゃいけないんでしょうね。

ちょっと本当に修道院が「工場(こうば)」化している。。。。

 

ちなみに、表面のコーティングだけど、

シルバーとかゴールドとか、粒子の細かいキラキラを際立たせるには、コーティングは必須。

マットな質感を生かしたい場合はコーティングはしない、というのが

わたしが体験的にわかったこと。

めっちゃ磨くと綺麗にツヤが出る。

 

あとはバングル用のゴムかストレッチのリボンを通して、完成させる、と。

 

 

というような数日間の制作プロセスを経ています。

そのようにしてできた商品が

安いと思うか、高いと思うかは、それぞれの方の見方だと思います。

 

さらに、他の要素としては、

アクセサリーとしての全体デザイン

結局、そこがよくできていなければ、いくら高いクレイ技術があったとしても、う〜ん、、、となってしまいます。

 

 

実にめんどくさい。

本当にめんどくさいよ。

我ながらよくやるよって思うもん。

 

ただわたし、バングルって好きなのよねえ。

袖が短くなるこれからのシーズンは特に必須だと思う。

だから今回よくわかって、非常に満足しています。

 

 

わたしにYouTubeで公開するほどの技術があるわけじゃないから

とりあえず現時点で得た情報は書いて公開しようと思いました。

誰かの参考になるかも、と。

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜!!