超単純。「制限」も「無制限」も自分が選択してるだけ

 

全国の聖母の皆さま

 

あ〜〜〜

今日は昨日の酒が残っていて、ピアスを2点作った以外は、なんだか1日ぼんやりしてたw

最近には珍しいことだわ。

わたし、もうそんなにお酒飲まないのよ。必要としていないってゆーか。

だけど、その場が楽しかったらやっぱり「いいお酒」なのよね。

そーゆーときは飲んじゃうわ。

ちなみにその場が楽しくなかったら、無理に飲まずに「とっとと帰る」を選択するのw

 

でもね、なんか最近ちょっと働きすぎじゃない?って思ってたから

いい休養になった。

ボケーっとする時間をしっかり持たないと、シャキっとする時間も持てない。

50メートルを全力で走ったら、あとはボケっとしてる、ぐらいの方がいいの。

 

そーゆーわけで、今日はもう寝たいんだけど、

昨日の記事へのメッセージもらってたから(嬉しいねぇ)

「制限がある方が心地いい」人たち、について、ちょっと書いとく。

 

あのね、

「制限がある方が心地いいんだ」っていう、自覚があるかどうか、だと思うの。

要するに、「制限がある状態」を自分が選択しているんだっていう自覚。

いわば割り切り。

そういう意識でいるなら、問題ではないと思うの。

だって、「いつか別な選択をすることができる」ってことも同時にわかってるってことでしょう?

「制限」という選択肢、「無制限」という選択肢の二択から

「いいの、わたしは敢えて「制限」を選んでいるの。好きだから」。

そう自覚しているんだったら、その人はハッピーかも知れない。

そして、自分以外の人を羨んだり、自分を卑下することもないでしょう。

 

けれど、「ないない」言う人って、

ほとんどはその自覚がないよね。

その状態を選択しているのは自分だと思っていないのよ。

それで「ない」=(他者から)与えられない だと思い込んでいる。

例えば

安い時給しか払ってもらえない

とか。

やりたいことがあるけど、許可してもらえない

とかも同じかな。

わかりやすい。

 

 

お金がないない、時間がないない、スキルがないない、経験がないない、、、

なんでも同じだと思うんだわ。

それ総じて「ないない病」なのよ。

(やだ!これを思い出したわw 今聴くとすんごい歌詞なのねw)

 

 

で、ほんとはそれ、自分で治せる病なのよ。

というか、自分でしか治せない、って言ったほうがいい。

お金がないならお金を作ればいい、時間がないなら時間を作ればいい、スキルがないならスキルを得ればいい、経験がないなら経験すればいい。

本当はただそれだけのこと。

 

だけどそれには「ない」じゃなくて、たったひとつの「ある」を選択しなきゃいけないのよね。

何かというと「勇気」なのよね。

それ、どっから来るかっていうと、やっぱり自分でしょ。

だから自分の中にある、一握りの勇気を「ない」ことにしているのと同じ。

勇気すらも、誰かにもらえるものだと思っている。

で、その本当は持っている「勇気」を再起動させられない言い訳を、常に探しているわけよね。

 

どうしてそうなるかっていうと、

「かわいそうな自分」を標準に設定しちゃってるっていうか、

あるいは「かわいそうな自分」であることが「お得」なのよ。

その方がメリットがある、って潜在的に思っているんじゃないかしら。

弱者信念ていうやつかしら。弱者でいることが正しい、的な思い込み。

実は弱者転じて最強なんだけどね。

 

だってさ、「ないない」の言霊ってすごいと思うんだよね。

「ないない」言うと、その場の振動数っていきなり下がるわよ。

アガっていこうとする周囲のエネルギーを、下に引っ張るチカラ。これは強いよ!

 

 

で、そっち側にいる人のことを

引っ張りあげたりすることは、実は誰にもできません。

その人に、その意思がなければね、というお話。

 

まあ、そんなところです。

どちらを選択するのも自由。

自分の選択を自覚して肯定しましょ。

新時代ですからね、なおのこと。

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜!