キャッハー!でいたければキャッハー!と共振すること

 

今朝、DNAチューナー(音叉)とクリスタルボウルをガンガン鳴らしてたら、かねよんが、ピアス2点を注文してくれた。

次に会うときまでお取り置きしといて!ということで。

一緒に働いていた頃の彼女を思うと、本当に嬉しさも倍以上なりおらが春、だよ。

「アクセサリーなんて、何のために必要なんでしょうか?」ぐらい言う人だったからね、あはは。

 

そこで交わしたやりとりが楽しかった。

チューナーをちんちん響かせてても、わたしには一切の体感なんかないけど、

振動(波動)だから、わたしの体内の水分が共振するだろう、と閃いて買ったわけだから。

 

 

 

 

ところでね、こないだ辻井伸行さまのコンサートに行ったのよ。

彼のことは、ずいーーーぶん前に、国際ピアノコンクールで優勝するに至ったドキュメンタリをテレビで見て以来、

超好き♡

なのよ。心が震えた。

 

そしていつか生で!と思っていたものの機会を逸していたわけだけど、

今回突然、友達が招待してくれたの。

超嬉しくて、二つ返事で「行く行く!」だよ。

 

わたしさー、彼が長いこと、日本で紹介される時に

「盲目のピアニスト」っていう冠がつけられるのが、ムカついてムカついてしょうがなかった。

だって、関係ないじゃん!彼はただの一流ピアニストだよ。

「盲目の」とか、いちいち付ける意味がどこにあんの?

それってさー、その文字の先には「盲目なのにすごいね〜」、って言わせたい(思わせたい)思惑を感じて、非常にムカつく。

盲目であることが論点じゃないから。

評価すべきは才能だから。演奏だから。音だから。

もっと言うと、その音から出される振動だから。

(だけど、わたしのムカつきはよそに、彼ご本人は、そんなみみっちいこと気にすらしていないだろう、とも思っていた)

 

 

それでさ、今回初めて、生で聴いて

魂が震えた。涙が出た。

あまりも柔らかなその音に。

生きていてよかった〜!と思わされる、夢のような音だった。

音響がわたしの気に食わないサントリーホールであってもそうなんだから、あれがもっといい(わたし好みの)音響だったら、どうなってただろう???

 

 

演奏を聴きながら、いろいろなことを考えた。

 

 

なにか、それ自体では音を奏でることはできない「音符」というものが彼の体内に入って、

あの方は、その時、完全なる「媒体」になって、

音符さんのいうとおりに神経を動かして、それがピアノ線を揺らしている。

そして彼の背後に、

ベートーヴェンとかショパンとかモーツァルトとかリストとか

バッハとかハイドンまで、いろ〜〜〜〜んな音楽家がいて

彼らが夢中で楽しんでいるんじゃないか、

と感じた。

 

特にショパンは、その楽譜に表された、喜びや悲しみ、怒りまでもが

彼を通して伝わってきて、わたしは泣いた。

 

また、ピアノを前にした彼には何が見えているのだろう?と思った。

それはもしかしたら、色なんじゃないかなー

とも思った。

うまく言えないけど。

 

 

人は心が震える時、

涙が流れる。

そういう風にできている。

心の琴線に触れる、という大好きな表現があるけれど

その琴線は、振動によって共振し、それが涙となって出るんだよね。

だから涙は喜びでも悲しみでも、常にイイものなんだよ。

 

そして、音楽を聴いて出る涙っていうのが、

実はいちばん、イイ涙だとわたしは思っている。

「ただ感じる」ことによる涙で

嬉しいとか悲しいとかじゃない、極めて純粋でど真ん中なものだから。

音楽そのものの持つ振動に、魂のど真ん中が共振して、心が純化する。

 

演奏後、バックステージにお邪魔させていただき写真を撮ったけど、

わたしの顔が子どもに戻っているw

 

 

共振。

すごく深い、この仕組み。

キャッハー!な人は、キャッハー!な人と共振する。キャッハー!な現象を呼ぶ。

文句ばっか言ってる人は、文句ばっかり言ってる人と共振する。文句を言いたくなる現象を呼ぶ。

それがキャッハー/ノンキャッハー・スパイラル。

 

振動数が変われば、それまで合っていた人とも合わなくなる。

キャッハー!でありたければ、ノンキャッハーにはつきあわない。

 

まあ、それだけのことなんじゃないかと思うんだよね。

 

とかなんとか。

 

読んでくれてありがとう!

 

またねー!