やっぱただもんじゃねーわ、この人、、、、

 

わたしは彼女のことを

すっごくマトモな人

だと思ってるから、めっちゃ支持してる。

この人がデビューしてからというもの、我々世代にどんだけ大きな影響を与えてくれたか、

どんだけ重い扉をこじ開けようとしてくれた(そして今も)か、

めっちゃ恩義に感じてもいるのよ。

影響されていると言うよりかは、むちゃくちゃ共感している。

そんならせめて献金するわよ。当然じゃない?

このカッコいいオバハンの代表選手に、

ありがとうと思ったら、返さないと、何かしら。

 

新しいやつ出たから当然すぐ買った。

 

 

彼女のアルバムってさ、ここ数年のは特に

1回聴いて「う〜ん?」

2回聴いて「・・・・おっ?」

3回聴いて「やっべーーーーー!すげえわ!」

ってなる。

特に歌詞が。

今回のも、最初はそんなにピンと来なかったけど、

やーっぱこの人はただモンじゃないわーと思う。

全曲の歌詞、ここに出てるから

https://genius.com/a/stream-read-all-the-lyrics-to-madonnas-new-album-madame-x

解説はしないけど、読み解ける人は読み解いてみてね!

ざっくり言うと、まさに

新時代の話

って感じだけど(ざっくりし過ぎてんねw)、わかる人がわかればそれでいいんだよ。

スーパースピリチャルだよ(本物の!)

てか、モノホンは、いちいちスピスピ言うまでもない。

リアルで実践して生きてますってば。

 

 

ま、とにかく彼女の書く世界観は過小評価され過ぎてると思うわ。

 

 

 

・・・んなことを言おうと思ってたら、ハーパースバザーのこんな記事をみつけた。

マドンナがインスタグラムは「不愉快な気分にさせる」と明かす

 

「みんな、人からの承認を得ようと奴隷のようになっている」

って、インスタに感じる違和感はまさにそれ、みんなわかってることなんだろうけど、

 

それよりも、

それと比べて、80年代は自分自身の中で成長するチャンスがあった、と60歳になった彼女は明かす。

「私は携帯やインスタグラムやソーシャルメディアが誕生する前にアーティストとしての人生を持つことができてラッキーだった」と、彼女。
「他の人から評価されるとか自分自身と他人を比較するというプレッシャーを感じずに、アーティストとしてもひとりの人間としても成長する時間を持てたわ」

 

これだよなー、と思った。

なんとなく、わたしが「今という時代」に感じている違和感

てゆーかはっきり言って「世代間ギャップ」はそこだったんだわなーと思った。

 

修道通信でも過去しきりに80~90年代はもっとみんな個性イキイキしてたやんけ!と言ってるけれど、

それってそゆことか。

あ、だったら

俺らオバハン世代は、

インスタ世代に遠慮すること一切ないじゃん!

て、やっぱり思った。

 

「比較大好き」な人たちに、

あーじゃねーのこーじゃねーの、言われたって別にイインだよ。

むしろネタを提供してナンボのお年頃。

 

何ビビってんの?我々世代のノンキャッハー層。

若い子の人気者になりたいわけ?

そもそも、人気者になりたければ、若い子と同じことしたって若い子に敵うわけないんだよ。

 

だいたいね、オバハンに残された時間は少ないんだよ?

 

今すぐそのチュニックを脱いで、

ダンスフロアに上がりなよ!

 

あるいは、

とっととバッターボックスに立ちなよ!

だよ。

まあ、ピッチャーでもいいけどさ。

なに「審判」みたいなことやってんのw

 

ジャニタレ追っかけてる暇があったら

「リアルガイ」にモテることでも考えなよw

 

 

とあたしは言いたいですね。はい。

ええ。強く言いたいですよ。

かなり強くね。

 

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またねー!