「スピリチュアル」に関するモヤモヤしたアレ その2

 

またこんなこと言うとアレなんですけど、、、、

超もやもやする、とゆーか、つねづねイラっとくることがあります。

めんどくさいからあんまり言葉を選ばないで書くけど、いつものように真意をわかってくれたらまじ感謝です。

 

スピ系を「学んだ」「学んでいる」人あるあるだと思うんだけど、

なんでそんなにいっつも前世の話するんだろう?

「今」を説明するのに、いちいち「前世」から引っ張ってくる。

 

いや、誤解なきよう言っておきますけども、

前世を知ること、それ自体は決して悪いとは思わない。

とゆーか、前世を知ることで腑に落ちる体験?

「え、なんだ、そーゆーことか!ポン!(膝を打つ音)」

自分自身に対する長年の疑問が氷解する感。あるよね?あるよ。

わたしだって超あった。

でも、「なんだ!そゆことか」でおしまい。

だって、それ以上のことってある?

生きてるのは令和元年の「今この時」だよ。

超軽い「この瞬間」だよ。

 

 

前世探し?なんてさ、

今及び未来を思いっきりキャッハー!で生きるための「超法規的なツール」みたいなもんじゃん。

ある意味開き直るための後ろ盾?みたいなもん。

で、それは自分だけがわかってりゃいい話でさ。

しかも、一度わかりゃそれでいいんだよ!

 

例えば、、、で軽い例を言うと、

わたし二十歳の時、初めてローマに行って

「わたしここに住みたい。絶対住むことになるだろう」と思った。

実際そうなったし、イタリアとかフランスに行くとやたら居心地がいい。

まるで自分ちにいるように妙に落ち着く。ホーム感。

これを「なんでだろ?」と薄く疑問に思っていたが、

単に前世記憶だと教えられて「なんだ!そゆことか」。

 

だけどさ、前世って無数にあるんだよ。無数に同時にあるんだよ。

 

で、わたしのバーイは、なんかやっぱりフランスとかイタリアとの「ご縁、強し」なんだよ。

今に至っては、突然始めたこのショップの名前が「修道院」てw

無意識でやってることの裏で「ご縁」が介在してるんだねってことを知り、

あーそうですかそうだったんですか。ある意味じわじわと笑える。

まあ、そんだけだよ。

 

でね、いずれにせよわたしを人が見たら、ただ単に

「かおりさんはフランス好きなんですね」とか

「イタリアに住んでたから美術に詳しいんですね」とかだと思うの。

でさー、「そうだよ」だよ。それでいいの。

それ以上のことはないのよ。

 

それをいちいち

なにかってーと「いやー、わたしは前世から・・・」みたいなことを言ったらどうよ?

 

そんな話誰も興味ねえよ

って話なんじゃないのかしら?

その話を教えて!ってゆー相手に話すならともかく、、、、

いつもいつもそこから始まるなら、それは聞き手にとって、はっきり言ってちょっとうざいんじゃないのかしら?

 

でさー、言いたいのはここなんだけども

要するにそれって、コミュニケーション能力の話なんじゃないの?

 

スピにどっぷりするのは自由だけど、

今生きている場所(?)、「地点」ていうのかなあ

要するに「「今この時」、スイスイ生きていく」から外れて、

あえて他者とのコミュニケーションを狭めていることになってない?

そんな「スピの話しかしない」ようだと

どんなコミュニケーションもそもそも成り立たないよね。

 

 

あのさ、

見えない世界とか宇宙の仕組みを理解する(アタマで)のは大切かもしれないけど、

大切なのは、それを取り入れて

キャッハー!で上機嫌に生きること

だよ。

そんなことを、アタマで理解してなくたって、

無意識にでも取りれてる人は取り入れて、やっぱりキャッハー!してる人もたくさんいるよ。

 

 

自分が好きなこととか

今、自分がやってること、これからやりたいこと、

あるいは自分の個性といったもの

を人に話すときに

いちいち前世のことまでセットで言わなきゃ今のありようを理解されない

と思ってること自体が、

今の自分を肯定できてないってことなんじゃないのかなー?

自分の話しかしないって、それやっぱりコミュニケーション不全だよ。

 

 

それで、「手放しの季節」とか言って

不要な人は切りましょうとか

いや、どんどん切ったらいいけどさ

ただのコミュニケーション不全問題が横たわってないかどうか、

心の何処かで認識した方がいいとは思うよ。

 

まあ、そんなモヤモヤ。

 

 

本日は夏至。

夜が長いこのジャパン。

うかうかしてたらあっという間に冬至来るよw

 

次の一歩について話す方が、よっぽど楽しくない?

 

 

 

読んでくれてありがとう!

 

またね〜!