正しい負け方。敗北を認めてからすべて始まるよ

 

あとね〜、

いつまでも「過ぎた日の不幸」「傷ついた自分」を大事にしてる人もヤバいけど、

実はそれと同等か、

もしかしたらそれよりヤバいのは

傷ついたことを認められない人

なんだよ。

 

これねー、結構あるんだよ。

 

例で言うとこんな感じ。

子供時代に親が離婚した。

 

それさー、子供としては傷つくに決まってるんだよ。

悲しいに決まってる。寂しいに決まってる。

理不尽という言葉をまだ知らないお年頃でも、それは「理不尽なこと」なんだよ、

通常考えたらね。

 

でさ、多くの人はそれをスッキリなんかしない状態で数年過ごしたり、

そのまま成長していくわけだ。

その過程で、寂しさや悲しさ、不安やなんやかやと、うまいこと折り合いをつけられる人もいる。

それができなくて、グレちゃったり、あるいは何かのバランスを崩したりして、いわゆる通常家庭(そんなもんあるのかよ?っていう気もするけど)の子のようにはいかないケースも多々ある。

だけど中には、

「親が離婚したせいでグレた」と言われたくない!とか、

親の離婚の影響と思われそうなネガティブな「風評」が出ないようにとか、

しっかりしなきゃ!っていう気持ちで、

健気な我慢をしちゃう人もいて、そしてそのまま成長する。

 

こーゆーケースってね、

自分が傷ついたことを認められない人

になりがちなんだよ。

大人になってから、「実は寂しかったんだ、お父さん(お母さん)がいなくなって」って

認められればいいんだけど、

そうじゃないケースは

「わたし、寂しいなんて感じたことないから」

って、「♬飾りじゃないのよ涙は ハッハー」てことになる。

ハッハーって、あーた。。。

 

これもつまりひとつの

「正しい負け方を知らない人」であってね、

(もちろん、それは本当の意味の敗北なんかじゃないよ)

負の感情を持ってはいけない、という圧力を自分にかけてるから

人の苦しみに冷淡だったり(そんな体験よりわたしの方が全然ひどい思いしたけど、わたしなんともなかったよ。そんなことで傷つくなんてバカみたい、的な)

そのうちに、感情全体が麻痺したり

感じている感情(楽しい、嬉しいも含めて)を素直に表現するのにぎこちないとか

もっと言うと、

失うことを恐れて、本気で誰かを愛することができない

とかになったりするんだよ。

なのでそーゆー人は恋愛問題には疎いか、距離をとるよ。

仮にそういうケースで結婚しても、

今度は離婚トラウマがあるから、それだけは避けようとするよ。

だけど、本当のパートナーシップとか

本当の肉体の交わりとか

そういったものからは程遠いんだよな。

そういったものを知らずに終わるの。

 

でね、恋愛ってね

たくさんすればいいってもんじゃないって思うかもしれないけど

え?たくさんすればいいってもんだよ?

とわたしは思ってる。

だってね、恋愛って究極の人間関係だからね。

それ以上に理不尽なことって、なかなかないしね。

それを経験して、昇華することでしか、本当の意味で学びを得られることって、あんまり見当たらない気がすんの。

 

あのさ、愛する猫を失うと死ぬほど悲しいじゃん。

その悲しみって、別な猫がやってくるまで残るのね。

猫の喪失は猫でしか埋められないのよ。

猫がいない悲しみは、仕事頑張ることで忘れられるとか、ないからね。

仕事から帰ったら、ああ、猫がいたらな〜って思うだけだもん。

 

それと同じでさー、

人によって傷ついたことは、人によって解消する以外ないんだよ。

傷つかなくなるまで、

実は傷つく必要はなかったんだ、ということを悟るまで、

何度でも実地訓練する以外に手はないのじゃないか、と思うんだよ。

あるいは、自分も離婚してみて、

ああ、離婚するってこういうことなんだーって、身に沁みて分かったり、

体験的に知ったら、自分の元を去った親のことも許せるでしょうし。

 

よくねー、

自分は愛されない/愛されてなかった/愛されたい

みたいなことってねー、

よくよくみてると

あーた、そもそもほんとに人を愛したことあんの?

それ、言ってる「愛」ってただの幻想か、執着のこと言ってない?

ってケースは多いよ。

 

 

そんで、「親の離婚」はわかりやすい例えだけど、

ひとつふたつの恋愛とか結婚生活で

仮にこっぴどく傷ついたとして、

傷ついたんだってことを思いっきり認めるところからしか、

その先の解決はないよ。

 

「愛されない」なんかより、

「誰のことも愛していない自分」の方が、実ははるかに消耗するって知ってた?

 

で、グチグチ考えたり、スピに依存しても

根本的に癒されたりすることは難しいと思うよ。

だって、体験することで、学びは完結するんだもん。

だったら、バッターボックスに入って、

来た球を強く打つ練習をした方がいいですよ、

ってことを言いたい。

そーゆー意味で、オバハンは、

チュニックを脱いで、今すぐユニフォームに着替えろ!

と言いたいわけです。

イミフかしら?

あ、そう?イミフ?

 

 

これ以上書けないから、セッションに来てくれたらいくらでも喋るよ!

ちなみに明日の午後@品川で、15:30以降はメッセージくれたら受付可能。

 

 

じゃ、またね〜!