到達するというよりは、気づく感じ

 

8月8日。

 

なんだか幸せだなー。

ということを、あらゆる種類のセミの鳴き声を聞きながらしみじみ感じた。

「聴く」というより聞こえてくるこれは生命の周波数。

しみじみして涙が出てくる。

みんな全力で生きている。

狭い庭にちょうちょが舞い、果てない命をつなぐためにレモンの木に卵を産み付ける。

家の中は雑然と散らかり放題。

朽ちて散る緑の葉っぱ。

片付けようと思うけどめんどくさくてやってない。

マヌケなDNが忘れて出かけた財布がテーブルにある。

だけどこれも生命の活動。

わたしや家人が生きているという証。

あちこちで火山が噴火し、

大地も生きている、生命の活動。

外に出れば灼熱の太陽、

寄せては返す波、

風の音。

星も生きている有機的存在。

 

 

大きな宇宙に内包された、我々ごときのナノレベルの生命。

このエブリ・シングル・ナノ生命の寄せ集まったものが宇宙。

 

焦りも固執もなく、

ただボケーーーーーっとしたもの。

高揚感でもなく。

 

 

湧いてくるというよりは、包まれているような感じ。

到達するというよりは、気づく感じ。

 

生命の喜び。

この世界に、死んでいるものは何ひとつ存在していない。

目に見えようが見えまいが、存在しているものは全て生きている。

限りあるように見えても限りない。

始まりもなく、終わりもない。

 

 

そっか。そーだよねー。

みたいな感じ。

 

 

 

 

・・・・イミフかも。

でも書いておきたくなった。

教訓めいたことでもなんでもない。

 

 

聖アントニオはお魚に説法したかも知れないが、

わたしはセミに説法をされている。

 

 

読んでくれてありがとう!

またね〜!