音楽〜朽ちていくものをつなぐ

 

今日は音楽、というか「歌」の話。

酷暑にドロドロになりそうな今、すごくオススメしたいのがある。

 

松田美緒『クレオール・ニッポン』。

これ。CD+本。

ここから購入できるので、即発注して欲しい。

http://miomatsuda.com/creole/

 

わたしが長々と説明するよりこれを見て欲しいんだけど、、、

 

ほっておいたら朽ちて、忘れ去られてしまうものがある。

作者不詳の歌はその代表。それは口頭伝承でもある。

それが、彼女の情感溢れる声と、めちゃくちゃ上質なサウンドで「保存」されているの。

声(音)は無条件にわたしたちの中に沁み入ってくる。

そして、たとえこれをわたしたちが歌えるようにならなくても、一度聴いたら、わたしたちの記憶の中に永遠に残る。

 

とにかく、この曲だけのために買う価値は十分ある。甘く切なく、心洗われるよ。

 

 

収録されているどの曲も素晴らしいんだけど、長崎「伊王島の歌」シリーズも格別にいい。

隠れキリシタンのお土地柄、マリアさまに向けられた歌詞に色々なものが見え隠れして、しみじみと泣けてくる。

そういえば、間も無くお盆。聖母被昇天の日。

静かに、祈りを捧げたい。

歌詞にはポルトガル語も出てくるんだけど、

ポルトガル語って難しいんだよね。歌うの。

独特のくぐもった母音と、「ス」じゃなくて「シュ」になるSの音とか。

わたしはマニアックな「耳の人」だから、そういうのがちょっとでも違うと心地よさを感じないんだけど、彼女の歌は本当に完璧。

 

ボサノヴァを歌ったこのCDもオススメ。
http://miomatsuda.com/382/

 

 

今日はそれだけ。

 

読んでくれてありがとう!

 

 

またね〜!