スピとか三次元とか、、、の話のつもりがイソップ童話

 

こないだある男性が

「かおりさんは、スピの人から見たら三次元の人で、三次元の人から見たらスピの人なんだよ」

と言われて、あーこの人さすがだな!信用できる!と思ったわー。

だって、自分でもそう思うもんね。

わたしは多分、めっちゃスピリチュアルな生き方をしていると思うけど

いわゆる「スピの人カテゴリ」はどっちかってゆーと苦手。

 

 

って、コウモリかよ!と、ふと思った。

 

イソップ童話って大嫌い。みみっちい教訓を刷り込む話の数々。

それなのに挿絵が綺麗だから結構たくさん読んでたわw

そのたびに何か違和感を感じたのよ。残酷だと思ったの。

「ほらね、だからいい子にしてなきゃいけないんだよ」

「ほらね、だから真面目に働かなきゃいけないんだよ」

ちなみに「蟻とキリギリス」の話とか大っ嫌い。

音楽を奏でる存在がいなかったら、この世はどうなんのよ!って思う。世の中みんな蟻だったら良いわけ?

音楽家に食べ物ぐらい分けてやれよ、って、怒りを感じるわ。

とにかく、あんなもん、子供を洗脳するためのツールだよ。

うちの子には絶対に読ませたりしない。

(いないけどね、わたしに子供WWWWW)

 

 

で、イソップ童話のコウモリは、鳥には鳥の仲間だよって言い、獣には獣の仲間だよ、って言うけど、それが卑怯だって話でしょ?(確か)

そんな話じゃなかったっけ?

てことで検索した。

卑怯なコウモリ

そうね。やっぱそんな話だった。

ふ〜ん。

これを卑怯っていうのか、知恵っていうのかで、その人の知性がわかろうというものじゃないかしらね。

少なくとも、コウモリは状況を見て、武力を使わず、誰も傷つけずに、機転だけで生き延びたわけよね。

それって、以前、修道通信にも書いたけど

「お国のために立派に死んで来なさい」と言って送り出した母親(ジャパン)

「どんなに汚い手を使ってでも、必ず生きて帰って来なさい」と言って送り出した母親(イタリア)

の話に似てる気がするの。

 

戦争ってゆーか、「戦い」ってさー、誰かが勝手に作った「規律」を守れって話でしょ。

規律を守らない国がある。こらしめてやる!戦争してやる!

という口実で始まり、

戦いの現場では、規律を守る優秀な兵隊さん。

上官の命令に背いたという「罪」で罰せられたり、機嫌が悪けりゃリンチにあったり殺されたりして。

要は全て「気にくわないから排除してやる」って話でしょ、単純に言ったら。

 

いい加減にして欲しいわ。

 

気に食わないなら、関わらないことよ。

「排除」とか言ってるからダメなのよ。

 

 

ってゆーか、今日そんな話がしたかったわけじゃないわよ!

「かおりさんは、スピの人から見たら三次元の人で、三次元の人から見たらスピの人なんだよ」

の話なのよ、本文は!

 

 

でも、、、、、、もう何が言いたかったのか忘れちゃったのよ。

多分、「どこにも属したくない」ってことを言いたかったのかも知れないわ(もはや他人事w)

定義されたくないのよ。わたしはつかみどころのない存在。

でも、区分して定義して、安心してた時代は去ったから、それでいいの。

定義にはまってるから安心!て思う人いたら、そっちの方が危ないよ。

いずれにせよ、

思い出したらまた書くわ。

 

 

 

読んでくれてありがとう!

じゃ、またね〜!