海前の町は積み上がらない

 

こないだ落ち込んでる時はきちんと落ちた方がいい、ということを書いたけれども、

その日の午後、友だちがはるばる千葉からグダグダ喋りにやって来た。

その時点で彼女はわたしの直近の「懸案A」を知らず、

彼女の身に起きたあれこれを聞くグダグダ会のつもりが、期せずしてわたしの話も聞いてもらった。

彼女は、それを話すのに適した人だった。

 

ありがたいことだなーと思う。つくづく思う。

だって今それ、普通ではない。

なんでもチャットで済む時代、時間を作ってわざわざ会いたいと思ってくれるって、

どんなに貴重なことだろうって思う。

鎌倉という立地の恵みも多分にあるだろうな。

人は時に、なんとなく、海の空気を吸いたくなるものだと思う。

 

わたしは鎌倉という町が好きだが、ここはわたしの生まれ育った町だからで、

それ以上の幻想は持っていない。

というのも、なんやかや人気があって、「いいところですねー」って言われるけれども

生活条件はそんなにいいわけではない。むしろ良くない。

土地は高いし、不便だし、市内にまともな病院すらない。

想像されているより景観的な美的感覚もない。

まとまりもない。

そのくせなぜかプライドだけは高く、めんどくさい人が多い。

「文化」「文化」って言う人いるけど、「空気感」はあっても、実際、文化ってほどの文化はない。

言っておくけど、鎌倉時代の建物なんか、ないよ?w

京都にも金沢にもある「文化」は、ここにはないよ。

本当は東京から近いただの田舎町、けっこうダサい町なのに、何かがアンバランスだと思う。

それは昔からだし、今もひどい。

 

ただまあ、例えばイタリア人は皆、自分の生まれた町を誇りに思っているし、

他の場所と比較して、我が町を小さく思う必要もない。

わたしもそんな感じで、自分の町だから鎌倉が好きだ。

 

海と山がもたらす恵み、のどかで能天気な気風。

殺伐とした空気は、この町にはないし、

その代わりに、必死にがんばろう!という気概もない。

「海はなんでも持って行ってしまうから、いいものも、悪いものも残らない」

って誰かが言ってた。

「積み上がらない」んだって。

確かにそうかもしれないなと思う。

でももう殺伐とした環境や、必死さに馴染めるお年頃ではないのも事実だから、まーこれはこれでいいやと思っている。

それにわたしは、水のないところはしんどくて住めない。

 

それにしても、年を経てくると、自分にも周りにもいろいろな経験は積み上がっている。

積み上がらないのはお金だけw

入ってくる、出て行く。確かに波のよう。

 

でもね、「何もなく順調な人生」の人は、人の痛みがわからない。

辛い、とか、悲しい、ということを

身を以て実感している友だちから出る言葉は薄っぺらくない。

そのありがたさよ。

真の孤独を知っている人間は信用できる。

それが人生のデフォルトであることをわかった上で、出てくる言葉に価値がある。

孤独とは、解消されたらころっと忘れてしまう困難とは種類が違うものだ。

 

わたしも経験だけはいろいろしてきた。

薄っぺらい言葉を人にかけるような人間にはなっていない、と思う。

それでも軽く能天気でありたいと思う。

薄くて軽い、なら誰でも言える。

軽い言葉の後ろに分厚いものがある、ってのがいいなと思っている。

 

ま、とりとめもないねw

 

 

読んでくれてありがとう!

またね〜!