自分の機嫌も身体も、自分で直すこと

 

絶不調です。

先日の件が思いのほかこたえていて、メンタル的によろしくない。

 

DNの一件が発覚してからというもの、それなりの緊張状態にありました。

そこへもってきて、実家の母の意地悪なオーラ。

要するに、わたしは弱っていたわけで、

そんなことはつゆ知らぬDNは、わたしが突然クラクラしてろくに喋れなくなったことを

自分への不満だと勘違いして、自動的に不愉快になり、

その不愉快さをわたしにぶつける、という、最悪の悪循環。

 

こういうケースは今までも、しょっちゅうありました。

 

彼はそもそも、自分が丈夫なので、具合の悪い人の気持ちを察したり、

そういう時に取って欲しい行動をすることができない人です。

そこで「どうしたの?何をして欲しい?」と聞くこともありません。

もちろん、口に出して言えば、彼は動いてくれることは知っています。意地が悪いのではなく、本当に「わからない」だけ。

通常時であれば、あれをして欲しい、こうして欲しいと言えることが

「それができない時がある」ということを、咄嗟に理解できないのです。

そして、ひとたび不機嫌になると、自分で自分の機嫌を直すことが、彼はできない。いつまでも、不愉快さを持ち越します。

 

そういう人と暮らしている人、多分どこかにいると思う。

結構つらいよね。

 

 

ま、今回わたしがくらってしまったのは、

今は、本人も自分の体調が良くないという経験をしたわけだから、

「それができない時がある」も知ったはず(それなのに、またこれか)

と、どうしても思ってしまうことと、

慣れない病院で気分が塞いでいるだろうから、

(混んでるってわかりきってるけど)本人が食べたいリクエストを食べられる店に行ってあげよう、きれいな海でも見せてあげよう、

などと、「無事に検査終わって良かったね」と言えればそれで良し、としていたことが、

思わぬ暴言となって返ってくるとは、夢にも思っていなかった、このショック。

 

この数ヶ月間、我が家は大幅に生活リズムを変えたけれど、平和に暮らしていただけに、

何かが崩れる音がした。

 

まあ、この音も、今まで何度聞いたかわからないんだけど、

いつまで経っても慣れることはありません。

慣れてしまったら心が死んでしまいます。そしてブスになりデブになる。

ホントだよ。

それを経験したことがあるからこそ、余計にそう思う。

 

今は、人の体調を思いやったりする力がわたしにはない。

優先すべきは、自分のコンディション。

「自分のペース」を取り戻すことを考えようと思います。

たぶん、自分のペースを取り戻すために起きた事件なんだろう、と思うことにする。

 

 

家の中のことってなかなか人に言いにくい。

こういうことを吐き出せない人が鬱になったり、バランスを崩したりするんだと思う。

そして言わないことで、どんどん「それ」は重くなる。

でも、開示していこうと思う。だってこれも生活の現実なんだから。

泣き言言うな、とか、黙って飲み込め、みたいな精神性を排除したい。

 

 

誰かを思いやることも、自分が万全であればこそです。

余力がないのに、無理してすることなんか、何の価値もないです。

それは相手にとっても同じこと。

自分の機嫌も身体も、自分で直すことが基本だと思う。

 

 

読んでくれてありがとう。

またね!