「海獣の子供」〜わたしたちは言葉の奴隷

「海獣の子供」〜わたしたちは言葉の奴隷

  見ようと思っていて、気がつけば上映期間がほぼ終了。 慌てて探したらお台場で観れるとわかり、滑り込みセーフで観てきた。 一般的に言ったらものすごく難解だと思うけど、修道通信の読者ならすんなり受け入れられる方が多いんじゃないかな。 深淵な「生命のものがたり」は光の話であり闇の話であり、約束の話である。   わたしたちは何かを伝える時、言葉というツールに依存し過ぎている。 目に見えるものによって理解し、交わされた言葉を信じようとする。 それが正確でありますように、きちんと届きま...Read More