スピとか三次元とか、、、の話のつもりがイソップ童話

スピとか三次元とか、、、の話のつもりがイソップ童話

  こないだある男性が 「かおりさんは、スピの人から見たら三次元の人で、三次元の人から見たらスピの人なんだよ」 と言われて、あーこの人さすがだな!信用できる!と思ったわー。 だって、自分でもそう思うもんね。 わたしは多分、めっちゃスピリチュアルな生き方をしていると思うけど いわゆる「スピの人カテゴリ」はどっちかってゆーと苦手。     って、コウモリかよ!と、ふと思った。   イソップ童話って大嫌い。みみっちい教訓を刷り込む話の数々。 それなのに挿絵が綺麗...Read More
岸恵子さま。素敵に生きる人は、「素敵に生きるための本」なんか読んだりしない

岸恵子さま。素敵に生きる人は、「素敵に生きるための本」なんか読んだりしない

  先日、かねよん本のリサーチがてら、ひさびさ丸の内の大型書店に行った。 今や本はほとんどAmazonでしか買わない、たまに本屋を覗くといえば鎌倉のお気に入り「たらば書房」だけ。 書籍といっても、もしKindle版があるなら間違いなくそちらを選んでしまう。 そして、わたしは毎年年間100冊以上の本を買うが、実際の読了率は低い。   「かねよんの本」はなかなかに難儀で、この一個人のクロニクルを書籍としてどのような方向性に持っていくのがいいか、ここへきてかなり思案のしどころとなっ...Read More
上野千鶴子さまのスピーチで、あの人のことを思い出した、、、からのあり得ない展開

上野千鶴子さまのスピーチで、あの人のことを思い出した、、、からのあり得ない展開

  全国の聖母の皆さま   人生が「修道」であるということの証明っていうか、答えあわせっていうか、もうなんて言っていいかわからない! あの、今日はその、わたし自身の為に、わたし自身だけのための記録しておくノートのようなものだと思ってください。 あまりにもでき過ぎた話なのです。 とても長くなる予感。もしかしたら書いてる途中で端折ってしまう予感。 だから、端折らないで全部書く!ということをまず自分に課すことにします。       先日、上野千鶴子さま...Read More
『修道院の断食』っていう本がある

『修道院の断食』っていう本がある

  全国の修道女のみなさま   とにかく、ここ数日眠くて眠くて、どうしようもないんですよね。 眠くて修道通信を書くのに難儀するw みんなはどう?   加えて、節分過ぎてエネルギーが変わり、さっぱりしたのも束の間、 自分の中にある「欲求」が出てきて、同時に途方に暮れる気持ちが出てきている気がする。 だけど思った。 要するに必要なのは「見通しの整理」なんだと思う。 内的なことではなくて、現実にもっと具体的な行動のこと。   欲求を持ったなら、それに向かえばいい...Read More
クリスマスイブに本の紹介をされた件

クリスマスイブに本の紹介をされた件

  実はクリスマスイブの昨日、修道院あてに ピッコ〜ン が来ました。 送信元は見知らぬ男性。 「クリスマスイブに聖母マリアと不思議のメダイに隠された秘密をめぐる小説が出版されました」 と、シンプルなご案内。     なんじゃ? 外出中だったのでパッと見たら「聖母マリアなんとか」との文字。 瞬間的に、何かおどろおどろしい系の話かと(表紙の色調から)思って、すぐに閉じてしまいましたw     帰宅して、夜になり、寝る前にふと気になって、見るだけ見てみ...Read More
みんなに勧めたい!ねえねえ、この本読んでみて!!

みんなに勧めたい!ねえねえ、この本読んでみて!!

  待ちに待った本が出た! 先般お伝えした、わたしが敬愛してやまない「本を執筆中の友人」による初の著書。 その名も 「料理が苦痛だ」   実は、、、、この鎌倉の友人とは 「日本暴言協会」という架空の組織を作っていて (今気づいたけど、わたしってかなりの「架空好き」なんだねw) 活動としては、単にウサ晴らしの飲み食いをしながらぺっちゃらくっちゃらやっては ガハハハハと爆笑する、というだけの(重要な)任務。 そして彼女は暴言協会の「会長」。   (余談だけど、そーゆー背...Read More