「おこ」事件から、猛烈に気づいて感謝に転じた話

「おこ」事件から、猛烈に気づいて感謝に転じた話

  全国の修道女の皆さま     例のステッドラー事件の後、 わたし、ふと我に返って、 もうこれ、完全にヤンなってしまった。   こんなもん、アイディアが思いついた時にガッとやるからイイのに、 そんな何日も待ってられるか!って話よ。 新しいマシンが届いた頃には萎えている。 てことは、今すでに萎えている。   これで試そうとしていた試みはやめた! だいたいねー、難易度高杉晋作なんだよ!     だから全部まとめて、ぐっちゃーっと...Read More
色彩は自分の「初期設定」だったということを思い出した

色彩は自分の「初期設定」だったということを思い出した

  全国の修道女のみなさま     「マリアさま会議」を作ってからというもの、「ポリマークレイ 」にハマっています。 無限の可能性を秘めている。 世界中にこれ専門のアーティストがたくさんいる模様。 日本にも数年前?はるか前?から流通していて、クリエイターも多数いることを最近になって知った。     だけどこれ、難点は材料費がバカにならないぐらい高い! 安いのも探せばあるみたいなんだけど、わたしはステッドラーのFIMOというもの以外は使わないと決め...Read More
マリアさま祭壇と色彩について

マリアさま祭壇と色彩について

  メキシコではnichoと呼ばれるマリアさま(だけじゃないけど)の祭壇がある。こんな感じ。 たぶん、それぞれが好きな聖人をまつるのに勝手に装飾したりして作るものかと思われるんだけど、 いかにもメキシコらしい色彩と華やかさで、これを知った時、心ときめきました。     それですぐに作ってみたのがこれ。 なんだかすごく、イイ。   日本ではどうしても「仏壇」になっちゃうけど(いや別に仏壇が悪いとは言わないけど) 先祖や故人に対してだけじゃなくて、何か心を向け...Read More
ありがとうという気持ちでAnniversaryという名前をつけた

ありがとうという気持ちでAnniversaryという名前をつけた

  ピンクに合う色は結構たくさんあって、 というよりむしろピンクという色は実際はどんな色とでも合わせやすいんだけど、 アクセサリーにする時はかなり慎重に組み合わせる色を選んでいます。 ピンクという色の性質が柔らかいので、うまくしないと子供っぽかったり、 バカみたい(これ以外に表現を探す手間を省いたw) になってしまうんだよね。     今日、明るいものが作りたくて、ピンクとオレンジを組み合わせてみた。 そしてこれにAnniversaryという名前をつけた。 懐かしい...Read More
色彩とセルフイメージのセッションについてちょっと話すね

色彩とセルフイメージのセッションについてちょっと話すね

  今日は大好きなブロンズとベージュ(今年、推しに推してるカラー)でひとつ作った。 写真では、ましてやiPhoneカメラなどでは 絶対に伝わらないことがわかっているんだけど ま〜〜素晴らしい色だよ! これがどんだけ みんなに似合う かは、 わたしを信じて! と言う以外にないw     しかしね本当にそうなんだよ。 自分で言うのもなんだけど って修道院は自分ひとりでやってるから 自分以外には言う人がいないわけだから自分で言いまくるしかないw   「修道院で作...Read More
黒には気をつけて!デブ IS  NOT  A  TABOO !

黒には気をつけて!デブ IS  NOT  A  TABOO !

いや〜 昨日は寒かったのに、今日は快晴、むしろ暑い! 昨日はウールのジャケット、今日はTシャツの極端to極端! わたしが一番好きなカッコは、オリーブのパンツにパリッとした白の長袖シャツ。 だけど結構、その出で立ちでいける日は少ないジャパン。   * * * ところでこのトビラ写真、何かと思うでしょ? 昨日、会ったのよ、こういう人。   鎌倉にはいわゆる「路地」、民家と民家の間を細〜い道が残ってるんだけど、 人ひとり通るのが精一杯で、対面通行にはどっちがが緩衝地帯で「待て」の必...Read More
ピンクの効能

ピンクの効能

このところ、またピンクの石を扱う機会が増えています。 我が修道院にとって、ピンクはとても意味のあるカラー。 ロゴも包み紙も、ピンクにしています。     そういえば、修道院の2作品目として披露したのがこちらのアイテム。 これが思いもよらぬ人気となって、ワタクシ、俄然やる気が出ました。 これを「かわいい!」と言ってくれる人がいたおかげで、自分をアゲることができた。 ありがたいありがたい。       ところで、女性にとってピンクや赤は、絶対に必要な...Read More