人は結局、何度でも繰り返すだけかも知れないという話

人は結局、何度でも繰り返すだけかも知れないという話

  この週末、父の四十九日法要で、納骨となりました。 本当に月日の流れは早いものだ。気がつけば12月。   一緒に暮らしていないから、父がいなくなった実感、「いつもいた人がいない」はさほどないけど、やっぱ「骨壷」みたいなもんに入って収められると、死んだんだなーって思うものだね。   それにしても。 今回、納骨することさえわたしは知らされていなかった。 「そのお寺」でいいのか、とか、お墓って本当に必要なのかとか、墓じまいも含めて ちゃんと整理してからにしようよと話して...Read More
修道院として最後のアイテム

修道院として最後のアイテム

  ローマ教皇が来日することは知っていたものの、ミサに応募するなどということは思いつきもせず、 だから友達から「抽選に当たったけど、かおりさん行く?」って言われた時は二つ返事で 「おー!行く行く!」 さすがわたし!考えただけで手に入るよ(爆笑)と気を良くしたのもつかの間、 結局当選ハガキと身分証明書の照合があるからってことで、諦めた。 今や「なりすまし」という罪になるからね。 日本のバーイきっちり確認しそうだもの。 これがイタリアなら、まあ、その、、、、、ねえ(笑) まあ、日本よりは融...Read More
「あなた」なんかいない。意識は個人のものではない件!!!

「あなた」なんかいない。意識は個人のものではない件!!!

  単刀直入に掲題の件よ!   せっかちだから結論はそーゆーことなのよ。 びっくりマーク3つ付けるほど 意識は個人のものではない件!!! なのよ。       説明します。   あのさー、わたし今何をやってると思う?   猛烈な勢いで サイトの刷新。   前々から言ってる通り、全部変えてやるのよ。 変える変える詐欺だったけど、今ようやく作業しているの。   多くの人が、精神的な疲れを含む、父の死からの立ち直...Read More
父をめぐるわたしの話(6)やりきった!

父をめぐるわたしの話(6)やりきった!

  皆さま、我が父は10月30日、天に帰りました。 20日には80歳の誕生日を祝い、ケーキのロウソクを吹き消し、もてる生命の最後の一滴まできちんと使い切りました。 非常に見事な幕の下ろし方、この数ヶ月で見せてくれた生き様=死に様は、我が父ながらあっぱれで、たいへん立派に生き切った彼を誇りに思い、またこの人の娘であることが本当によかったなあと思っています。 本当に得難い経験をさせてもらいました。   twitter には逝去の件投稿していたものの、続報をする余裕なく、慌ただしく...Read More
父をめぐるわたしの話(5)世の中をややこしくしているのは、「普通の健康な人間」

父をめぐるわたしの話(5)世の中をややこしくしているのは、「普通の健康な人間」

  前回からだいぶご無沙汰しています。 見たら、前回は9月26日ですから2週間以上のブランク。この間にも毎日書いておきたいことはあるのだけれど、なかなか画面に向かうことが難しい日々です。   えーと、前回は、「父が緩和ケア病棟に入った」ところで終わりでした。 ということは、父はもう2週間ぐらい、病院にいるわけです。   「緩和ケア」というのは何のこっちゃかと、知らぬ方のために説明すると、 要するに「終末医療」です。 病気の進行から来る痛みや苦痛などを、薬によって「緩...Read More
父をめぐるわたしの話(4)魂はクラウド。親子っておもしろい

父をめぐるわたしの話(4)魂はクラウド。親子っておもしろい

  昨日は2ヶ月前に予約した紫鯨亭さんの東京出張施術を受ける日でした。 この日を待ちに待っていた。 と言うのも、9月に入ってからというもの、わたしはまったく創作ができなくなっていて、作品を作るのも、新しいブランディングでサイトを刷新するのも、アタマはあるのに手は動かない状態だった。 当初これは、いよいよ刷新された新しい時代のエネルギー構造に体が馴染んでいないせいだろうと思って、そのうち勝手にアジャストされると読んで、どうせ紫鯨亭さんに診て貰えば解消されるだろうと考えていました。 そこへ...Read More