暴言修道女の告解室

マリアさま効果

マリアさま効果

  全国の聖母の皆さま     そういや超ウケたのだけど、   母の日の翌日、母親から電話があって 「昨日はお花ありがとう。すごくきれい。(ここまで2秒)   でさあ、   あのマリアさまってきれいだけど、 アレ食べれるの?」       アレとはこれのこと。     母よ、、、、、   あなたはこれを食べ物だと、、、、     「それは食べれないよ、まさか口に入れたの?」   ちょっとボケたのかなと思いつつも、   わたし子どもの頃、おじいちゃんのところに来たお客様が、 「はい、これはお嬢ちゃんにね!」と渡してくれた すーーーーーーーーーごくきれいな、それまで見たこともない、 それはそれは美...Read More
クレイ制作プロセスと要点メモ的な

クレイ制作プロセスと要点メモ的な

  全国の修道女の皆さま   いやー、なんだか忙しいわ。忙しいっていうか、やることが際限ないのよ。 脳みそがとっちらかってる感じ。 「やらされてること」じゃないから逆に優先順位がつけにくいってのはあるなーと発見したわ。   まあ、いいや、そんな話どうでも。   それより、ついに! バングルの作り方が納得いった! というわたしにとっては稀に見る「やった!感」。   いや、バングルなんていろんなやり方があるわけなんだけど、 わたしが追求したかったのは、このタイプなのよ。 これはイタリアのやつ。 なんか「味わい系」(色々と不揃いだけど、それがいい味になってるやつ) そして、ワイヤーも金具も使わずに繋げられるやつ。 (ちなみにこういう真鍮のオーナメントがあれば、同じようなものはすぐにでもできるけど、日本で気に...Read More
受け取れない人

受け取れない人

  全国の聖母の皆さま     今日は母の日で、しかもうちの母は誕生日。 80にもなるわけで、傘寿のお祝いだ。   当然そんなことは今日になる前からわかっていることで、 わたしとしては前々から、この日でなくてもいいからちゃんとお祝いしようと提案をするも まあ、母は乗ってこない。 いつものことだ。 以前も書いたけれど、うちの母はいわゆる「受け取れない人」なのだろう。 「喜ばせたい」という気持ちをいともカンタンに葬ることができる、 その負の力というのはとんでもなくパワフルだ。   いやー、そんなことはわかっている。 わかりきっている。   けれども今年は例年とはワケが違う、とわたしは勝手に思っていて 令和元年という「節目」に傘寿、 しかも、父親は昨年には「すぐ死ぬかも」「新元号は迎えられない」な...Read More
素晴らしき自転車操業

素晴らしき自転車操業

  全国の聖母の皆さま     GWも明け。 いよいよ本腰を入れて「かねよんの本」に取り組みたいと思います。   っていうセルフ宣言が大事!     なんか最近の修道通信はやたらヒット記事が多い(当社比) 特にノートルダム燃えた件、天皇即位&雅子さまの件 総じてパートナーシップの話は予想だにしないアクセスだったわよ。 やだーーー、ちょっとびっくりよ! 我々クラスが雅子さまを思う気持ちがこんなに強かったとは!     けれどもさー、 記事が読まれるのは嬉しいけど、ブツをお買い上げいただければもっと嬉しゅうございますよ。 なぜなら 当修道院はアクセサリーを販売して、またはセッションを受けていただくことで成り立ってございますよ〜   と、今一度宣言しておく。 &nbs...Read More
あるブラジル人歌手の死去とわたしのたぶん唯一の後悔

あるブラジル人歌手の死去とわたしのたぶん唯一の後悔

  全国の聖母の皆さま     「令和」問題の影で(って問題じゃないけどw) 実は一つ、わたしにとって悲しいニュースがあったんだよね。   わたし、大のブラジル好き。 そして根っからサンビスタ(サンバ愛好家)であります。   そんなサンバ界の大御所で、日本で言ったら美空ひばりみたいなもん? そんな存在のサンバ歌手、ベッチ・カルバーリョが平成とともにこの世を去った。 日本では一切報じられない扱いだけど、ブラジルの新聞では緊急ニュースだった。 わたし、自分の人生で後悔らしき後悔は一つもないと思っているけど、 多分これだけは、人生でたった一つの後悔になると思う。 リオに行って、彼女のショーを生で見たかった。 ここ数年は、それほど具合が良くないこともわかっていたから、実は時間との戦いであることも知っていた。 ...Read More
一生全力でお守りします、からのパートナーシップ

一生全力でお守りします、からのパートナーシップ

  全国の聖母の皆さま   言い忘れてた。   いくらテレビを見ないわたしでも、5月1日のニュー天皇即位ぐらいは、テレビをつけた。   ヒロ!あの姿は誇らしかった。 まあ、あなたこんなに立派になって!! って、親戚のおばちゃんの気分で涙が出た。 そして、雅子さま。 あー、このティアラ姿よ。これこれ。これだよ。 本当によく似合う。 華やかで、実に気分がいい。   雅子さまに関しては、あの結婚のパレードでの信じられない美しさ いや、美しいてゆーより、なんてゆーんだろうねえアレは。晴れがましさってゆーのかしらねえ あの時の「わぁ〜」という気持ちを思い出した。 あっちではダイアナかもしれないが、こっちには雅子さまがいる。 そんなふうに誇らしくわたしは思った。 そう、誇らしく思ったのだ。   そして、...Read More
GWって誰得なの?

GWって誰得なの?

  全国の聖母の皆さま   今日は雨でもなく、寒くもなく、 したがって、鎌倉はものすんごい人! 毎年この時期は、江ノ電だって乗れないのよ。 すし詰めっていうけど、本当に寿司のシャリの気持ちを知る絶好のチャンスだし、 わたしはそんな状況を「アウシュビッツ行き江ノ電」と呼んでいるのよ。 (え?ポリティカリーにコレクトではない?あ、そう?) とにかく、魚屋で買い物して江ノ電に乗れば、死んだ魚が2度死ぬ、みたいな感じなのよ。   そして修道院前は、世界各国の観光客の声で、ガヤガヤしている。 (でもそれ、決して嫌いじゃないんだー)     ま、「GWは家から外に出られない」が子供の頃より常だったので、今更驚く話でもありませんが、 常々思うのは、掲題の通り、 GWって、一体誰が喜んでるの? です。   ...Read More
時代のリセットは自分のリセットでもある

時代のリセットは自分のリセットでもある

  全国の聖母の皆さま     令和も2日過ぎた。 そして、どんな日だって二度とやってこない。   と見せかけて。。。。   おととい実家に行った時、わたしは密かに子供時代の机の引き出しを開けた。 そこにあったのは、ステッドラーのサインペン18色。 いつのだか忘れた。高校ぐらい?もっと前? まさかね、と思って、キャップを取り、線書いた。 書けた! すごい!すごくない? まじで驚いた。30年以上、ゆうに経ってる。 昔の「西ドイツ製」マジやばい。   そしてまた別な引き出しには、 大量のスタンプ台、およびあらゆるおしゃれなスタンプ。シール。便箋。カード類。 そーゆーのが好きで死ぬほど持ってた。   別なところには、 大量のサンリオグッズ! サンリオ。昔のやつはどれも洒落てた。 小学校時...Read More
令和開けた!おめでとう!

令和開けた!おめでとう!

  全国の聖母の皆さま   新時代あけましておめでとうございます。   わたしの平成最後の日は、なんだか知らないけど、超アタマ痛くて だけどいつものアレとも違う。 そんな中、 プロフィール写真の撮影(どんなブスでもきれいに撮る、スゴ腕カメラマンよ!)の後、 実家に行っておめでとう的な乾杯をした。   父親なんか、癌発覚の昨年暮れには、新年も迎えられないと思ってたわけだからね。 なんだかんだで新元号じゃん、はっきり言ってあなたもう元気なのよ!って言ってやりたくて。 なんでも限りあると思えばさー、どんなことでも「よきこと」なんじゃないのかしら?     だけどアレだね。 ぼけっとついてるテレビ見てたら、 インタビュアー「新しい時代にはどんなことを期待しますか?」 その辺の人「平和で幸せな時代にな...Read More
上野千鶴子さまのスピーチで、あの人のことを思い出した、、、からのあり得ない展開

上野千鶴子さまのスピーチで、あの人のことを思い出した、、、からのあり得ない展開

  全国の聖母の皆さま   人生が「修道」であるということの証明っていうか、答えあわせっていうか、もうなんて言っていいかわからない! あの、今日はその、わたし自身の為に、わたし自身だけのための記録しておくノートのようなものだと思ってください。 あまりにもでき過ぎた話なのです。 とても長くなる予感。もしかしたら書いてる途中で端折ってしまう予感。 だから、端折らないで全部書く!ということをまず自分に課すことにします。       先日、上野千鶴子さまの東大入学式におけるめっちゃ感動的な祝辞が話題になりました。 (ついでに上野千鶴子インタビュー 「当たり前のことを言っただけ」も読んで欲しい) スピーチに関してはすでにみなさん語られたりしたと思うので、そこは置いときます。     アレを読...Read More