暴言修道女の告解室

ベクトル平衡体(3):作ってみて腑に落ちたこと、まとめ

ベクトル平衡体(3):作ってみて腑に落ちたこと、まとめ

  全国の修道女のみなさま   しばらく更新してなかった。 けどわたしは元気です。   時間がものすっごい勢いで過ぎていきます。トシのせいじゃないと思うんですけど。 この沈黙の期間の記憶すらありません。なんなんでしょうか一体。       しかし記録として残しておきたいのが、ベクトル平衡体の制作に続いて、「フラワーオブライフ」を作ってみたこと。 単純に「ベクトル平衡体」に丸みを持たせて、複数の線(各ポイントから4本)にしたもの。   これ↑さ、もうつまり、これ↓じゃん。 ど真ん中にカトリックでいう「父なる神」、エイブラハムでいう「ソース」がいるよ。 それが「ゼロ」だし「すべて」だし「無条件」だし「愛」だよ。   いや、これね、「これ」という物体、あるいは造形、あるいはシン...Read More
ベクトル平衡体(2):この世のすべては「自分」で、それは宇宙の「軸」だ

ベクトル平衡体(2):この世のすべては「自分」で、それは宇宙の「軸」だ

  ベクトル平衡体(1) の続きね。   「要するに立体」を作りながら、「要するに自分」のことをわたしは見ていた。 宇宙は立体である。正三角形も、平面では3つの頂点だけれど、立体になったら頂点は4つだ。 学校の「数学」は「答えは一つしかない」という前提で進み、わたしは一切やる気が起きなかった。 わたしは「ひとつしかない見方」つまり、「平面的な思想(思考)」がとても苦手なのだ。 1+1= 2 は教科書ではそうかも知れないけれども、1+1=3 にだってなる。 1(男)と1(女)の肉体が交わったら子供が生まれるので3になる。     すっごく簡単に下世話レベルのたとえで言う。 「あいつバカだよ」と言ったとき、人はわたしが「あいつ」を「バカにしている」と思う。 しかし、実際はぜんぜんそうではない。 「あいつはバカ」だけ...Read More
ベクトル平衡体(1):あんたが頭でわかってることなんて、大したことないんだよ

ベクトル平衡体(1):あんたが頭でわかってることなんて、大したことないんだよ

  全国の修道女のみなさま   わたし今、めっちゃコーフンしている。 正確には、昨日、眠りに落ちる前にめっちゃコーフンして、2秒で寝た。 そしてこの話は長くなる。     昨日、思いついて、突然「綿棒ワーク」を始めた。   「綿棒でフラワーオブライフをつくる」に関しては、去年、秋山先生が 「かおりさん、もうね、どんなセミナーより、どんなお話より、これからは綿棒で参加者に手を動かしてもらう方が理解が早いよ!」って言ってて、 「ふ〜ん、そうか〜、そうかもしれない、、、、」 と生理解をしたものの、今に至るまでなんとなく、気が乗らないでいた。     昨日、なんで気が乗らないのだろう?と考えて、 わかった! それは、綿棒がわたしにとって「ビンボくさいもの」だからだ(個人の感性ですw)。 わ...Read More
ただの日記。空海、フラワーオブライフ、カレー、サンバ。

ただの日記。空海、フラワーオブライフ、カレー、サンバ。

  全国の修道女のみなさま     今日は単なる日記的な。   昨日の午後は、リアル観音さまことサチさんとなんとなく急遽お茶することに。 空海と水銀、高野山の話など。 彼が開発した「虚空蔵求聞持法」と言われているものは、本来アカシックレコードへのアクセスを目的とするものでしょ、という話をした。 言っておくが、これは何かの本で学んだとかではなく、わたし独自の解釈なので誰も信じなくてもいい。 (反論には興味がないけど、この文脈でもっと核心を得ている人がいたら教えて欲しい) わたしの中にある膨大な「点」の情報を「線」にして「面」にするとそうなる、というだけ。   「虚空蔵」って、この漢字がすべてを表していると思う。 「虚空」これは空というよりも、宇宙のことを指しているはずで、そこに「蔵」がある。そこに「求め...Read More
あの話題に関して言っておきたいこと

あの話題に関して言っておきたいこと

  全国の修道女のみなさま   こんなことを言うとアレなんですけど、大真面目に書きますよ。   最近、おクスリの力を借りてヒャッハー!していた方が捕まったようなんですが、 いや、そーゆー件が明るみに出るたび思うのですが、 なんで、みんなそんなに叩くの????   それ、わたしにわからないことのひとつです。 何か薄気味悪いものを感じる。   わたしの立場(どんな立場かわからないけどw)で言うと 勝手にやってりゃいいじゃん です。   そのタレントだか野球選手だかミュージシャンだかなんだかが 勝手に身を滅ぼすだけのことであって、 少なくともわたしには1ミリの被害すら出ていない。   一切の関係がないのです。   もちろん、「禁止」されていることですから、それを破ったら罪ってこ...Read More
自己肯定感獲得ゲーム

自己肯定感獲得ゲーム

  全国の修道女のみなさま   さて。 LOVE  YOURSELF でございます。   で、自分自身をLOVEできないことの原因探しなんかやめなよ、 って、ワタクシよく言ってますけど、それは本当に、そこ(原因)ばっか見てるのはやめなよというだけであって、 原因を探すことそれ自体が無意味なわけではありません。   だけどさ、 ほとんどの原因は、ほとんどが親ですから。 まあ原因はシンプルっちゃシンプルでしょ?自明のことでしょ?というだけです。 で、そこ(原因特定)から、「親をどう捉えるか」は完全にあなたの自由と責任によって取り組めばいい。   で、それより大切なのは 原因→結果 を越えた次のステップ 結果→行動 だと思うの。   「原因→結果」ってゆーのは 今の自分が●●なのは、親が●●だった...Read More
わたしが観ているのは、やさしい、やさしい世界

わたしが観ているのは、やさしい、やさしい世界

  全国の修道女のみなさま     いきなりアレなんですけど。   世の中にどんなにアレなことが起きていても、 ニュース見ればアレなことばっかりやってても、 父親が入院していても、 なんか、わたしの気分はとてもいいんですよね。 あまり影響がないというか、何も問題ではないというか。   まーもう、そういう心境で暮らしてだいぶ経ちますけど、 いつだろう、この節分以降?もうわからないけど、「最近」さらにそんな感じが加速していて ヒャッハー!なんだよね。   これが、春の到来によるものなのか、サトコさんが言っている三位一体エネルギーのせいなのか わたしには「体感」がないからよくわからないし、わかったところでどうでもいいんだけど とにかく 「やさしさに包まれたなら〜」 という、まさにそんな心境。 「包...Read More
わたしの修道院には無駄な物も無駄なこともない!

わたしの修道院には無駄な物も無駄なこともない!

  全国の修道女の皆さま   いやーーーー、もう、この春! わたくし絶好調でございますよ。ザマアミロ(*気分いい時に出るセリフw)ぐらいの絶好調! どんだけ絶好調かは、最近の炸裂するカラーリングを見ていただければわかると思うんだけど(笑) それはね〜、こんだけ儲かったーとか、何がどーだからとか、一切関係なく ただ単に春がきて嬉しい! キャッハーだよ! さすがの啓蟄生まれ!虫と同じ!そう、あたしゃ虫みたいなもん! 子どもの頃はどこに行くにも昆虫図鑑を持ち歩いていた。虫が好きで。 お庭にいるすべての虫について知りたかった。そして世界にいるすべての虫について知りたかった。 そして小学校に上がったら、誰も、特に女の子は!虫のことがそんなに好きじゃないんだーということを知ってびっくりした。   なぜ虫のことがそんなに好きだったかと...Read More
【アイテム紹介】しみじみしている春の夜

【アイテム紹介】しみじみしている春の夜

  全国の修道女の皆さま     こないだ、すごい人に会った。   実際には、セッションにいらしてくださった方なのだが、すごかった。 しかし今のわたしは、何が、どう「すごい」のかをピンポイントで表現できる力量がない。率直に、ない。 ただ、通常、セッションに来てくれる方は、何らかモヤっとしたものの解決の糸口を探していらっしゃるものだが この方は、まったくそういうことではなかった。 それどころか、なんというか、わたしがものすごく、いやーーーー、なんていうんだろうねーーー? 表現できない「何か」をいただいた気がして、 しかもそれを「安易に表現づけすることへの抵抗」もあって、今もこのふわっとした何かを大切にしている。   「何かのワードで検索してたら偶然見つけて、なんかピンと来たから、おしゃべりしたくなって!...Read More
好きなことをするには好きじゃないこともするよ

好きなことをするには好きじゃないこともするよ

  全国の修道女のみなさま   終わった!     カクテー申告が。   ワタクシめっちゃ晴れ晴れとした気分であります! このめっちゃ晴れ晴れとした気分を味わうために、この3月の憂鬱がある!はーーーースッキリ!   しかし、こんなもんね、着手すれば、とっとと終わること。 何がそんなに嫌なのか。 それはね、つまりわたしにとって めんどくさいこと だからです。たったそれだけ。 何にいくら使ったとか、いつの収入がどうだったとか、 今を生きるわたしにとって、すべて去った日のこと。 どうでもいい。 一切のクリエイティビティのない作業。   しかし、好きな仕事をする、ということはですね その道すがらにある、「好きじゃないこと」にもきちんと向き合わなきゃいけないっつーことです。 正しく言うなら、...Read More